大地の剣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大地の剣

聖戦の系譜、トラキア776に登場する武器。
HPを吸収する効果があり、間接ではリザイアを発動する優秀な魔法剣。
封印の剣以降のルーンソード に相当する(あるいは名前の変更か)。

聖戦の系譜では、3章でラケシスエルトシャンと会話することで入手できる。
エルトシャンから渡される際には、「俺に万が一のことがあれば、形見と思え」と言われるのだが、
その直後に処刑されるため、本当に形見となってしまう。
武器としては他の魔法剣と同じ性能だが、耐久度が10と、50が基本の聖戦の武器としては異例で、
最も活躍しそうな一般兵相手の無双には役に立たない。修理費も1回1000Gと、神器と同様の経費が掛かる。
大盾を無効化するという大きなメリットがあるので、城を守備するボス用に温存するのが賢明だろう。
なお、耐久度の概念がない敵が持つと、恐ろしい武器と化す。
終章のペガサス3姉妹が所持しているほか、親世代・子世代共に闘技場の最後の敵が所持している。

トラキアでは聖戦での入手経緯からか、ナンナの専用武器として登場。
聖戦と比較して命中・重さが上昇しており、何より耐久度が10→60と大幅に増えたのが最大の変更点。
初期値・成長率共に低めのナンナを、立派な戦力に押し上げる性能を持つ。
怒りナンナにすることでその強さはさらに増強されるが、
2本目は手に入らないので、調子に乗って使いすぎないように注意。