ドキュメントルート【document root】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドキュメントルート

読み:どきゅめんとるーと
英語:document root
別名:仮想ルートディレクトリ

意味:
コンピュータ(システム)上の実際のルートディレクトリ?とは異なりwebサーバ上に公開するためのルートディレクトリのこと。

サーバ内の実際のルートが知られてしまうとセキュリティ上よくないので実際のルートは隠されweb上では仮想ルートで公開されます。
web上ではそのルートが基点となり、各ファイルの場所はそこからの相対パスで表される。
実際のドキュメントルートはサーバ上のApacheではデフォルトhtdocs?などにおいてある。

webサーバはサーバ内の構造すべてにアクセス出来てはセキュリティ上の問題があるため、サーバー上の仮想ルート以下をwebのデータとして公開できるものとし、それ以下に公開用のファイルなどを置き一般のクライアントからはそれ以上のサーバのリソースに手をつけられないようにしている。

トップページにはドキュメントルート直下に置いたindex.html?ファイルに繋ぐことが多い。

例えば、Windowsでサーバを立てた場合、サーバを公開するにあたりC:\Program FilesやC:\Windowsなどの内容が不特定多数に見られると非常に危険なので、サーバとして公開する場合にはC:\apache\htdocs\をドキュメントルートと定めておけばそれ以下のファイルしか公開されない。
Web上でドメイン名がexample.comなら実際のコンピュータのルートC:\Apache\htdocs\index.htmlのファイルがhttp://example.com/index.htmlとして公開され、それ以上のフォルダやファイルを見られないようにします。

現実にたとえるならば、お店を開店する場合、お客がバックヤードなど建物すべての場所に入れる訳ではないようにお客専用のスペースを確保することで安全な運営をするのです。


2012年05月29日
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。