※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

連邦猫


データ


L:連邦猫 = {
 t:名称 = 連邦猫(種族)
 t:要点 = 猫だまり,大事にされた,結果
 t:周辺環境 = 猫だまり
 t:評価 = 体格2,筋力2,耐久力2,外見2,敏捷2,器用2,感覚2,知識2,幸運2
 t:特殊 = {
  *連邦猫の人カテゴリ = 猫士種族アイドレスとして扱う。
  *連邦猫は根源力100000を持つ。
  *連邦猫は一般行為判定を伴うイベントに出るたびに食料1万tを消費する。
  *連邦猫は愛情評価分だけ全能力が上昇する。
 }
 t:→次のアイドレス = 世界の護り(職業),小さな善政(イベント),夕焼けに踊るもの(職業),発掘戦艦(イベント)

#現在の愛情評価は+4

性能開示後に上記データを追記いたしました








AM8:00 レンジャー連邦の片隅での記録

王猫ハニーは、朝議前の藩王になでなでされて、おもわずごろんちょしていた。
妹猫のマーブルは、そんな兄に「だらしないですわよ兄様」と言いつつ、藩王の笑顔に目を細めて微笑んだ。

勤務先の税関施設へ向かう先で、今日は藩王の元気な顔でも見てやろうか…とマキアートは考えたが、持ち前のツンデレな性格のツンが邪魔をして行けず、後で微妙に凹むことになった。

市民病院での夜勤明け、芝生の上でのんびりごろごろしていたにゃふにゃふは、彼の名付け親である浅葱空に「にゃふにゃふ~らぶー」と、大好きアタックをされひっくり返っていた。

誰よりも早く税関施設に来て、生真面目に仕事の準備を始めていたドランは、ふと自分の名付け親は元気だろうか、あの小さくてうるさい子猫はちゃんと仕事をしているのだろうか、と考えていた。

じにあは、昨晩ちぎってしまった「もんのすごい恥ずかしい楠瀬藍への想い」を綴ったレポート用紙の残骸を、真っ赤になりながら市立病院の焼却炉へつっこんだ。

ゴージャスな毛並みに、カラフルな鳥の羽のアクセサリーが自慢のジョニ子は、ふさふさした尾をリズムを取る様に振り、綺麗な声で歌いながら、交番から巡回の為に街へと出た。

これまた税関施設へ早めの出勤をしたヒスイは、もう自分の席で仕事を始めていた同僚に、昨夜政庁の屋上で翼の君を想う摂政と遭遇し、会話というか随分と情熱的なのろけを聞かされた事を話そうと思った。

黒猫の夜星はねむいにゃー、と金色の眼をしょぼしょぼさせ、朝の交番で大きな伸びをしたところへ、彼の友人である双樹真がひょっこりと現れ、「やあ、夜星。朝飯差し入れにきたぞー!」と、イイ匂いのする包みを手渡され、尻尾が上がってしまうのを隠せなかった。

出勤前に愛するハニー様に会っておこうと愛佳は政庁を訪れたが、大好きな藩王と、我がライバルマーブルに先を越されてギギギ…となっていた所に、城華一郎が通りかかったので、「テイタニアラブなのは分かってるわよ!」と理不尽な蹴りを入れることにした。

涼しい場所を発見したふわふわ真っ白の小雲は、捜査資料を持った空馬に発見されるまで、それはもう気持ち良くねていた。
ぐう。

タンジェリーナとナツメのおこちゃまコンビは、豊国ミロに教えてもらったお歌を、調子外れではあるが歌ったり、ドランおじちゃんの背中の上はあったかいのよーとか、賑やかではあるが、なれて来た仕事をちゃんとこなせる様になっていた。

AM9:00 レンジャー連邦の片隅での記録

藩王を筆頭にフィクションノートの仲間が、レンジャー連邦会議室で朝議を始めていた。
ホワイトボードには重要案件の他に、

「議題8:うちの猫士たんが可愛い件について、ラブ!」

と書かれていたが、レンジャー連邦では大事な事なので、二度言う事はあっても、誰からもそこに突っ込みは入らなかった。
それぞれが苦楽を共にして来た仲間であり友猫である猫士達を彼らは愛してやまない。
リソースを使用して交流してなかった為、その愛情は届いていなかったというしょんぼりな事もあったが、イベント172で猫士さんへ愛を届けようとかなり本気になっていた。

「では、次の議題です。。。うちの猫士たんが可愛い件について、ラブ!!!」


添付ファイル