※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

決戦《2》


「ゴウカザルは私の相棒。 そう簡単には負けないわ!」
「相棒か・・・。じゃあこっちもロコ!あなたの力を見せてやって!!」
「ペララララ~~!!」  両者はにらみ合っている。

「ゴウカザル、マッハパンチ!」  「ウキイィィ!」   ドカンッ!!

「ペラ~ッ」  ぺラップは吹き飛ばされ、壁に直撃。

「ロコ!・・・ゴ・・・ドよ。」  「ペラララ~~~~~!!」  ペラップが光り輝いている!

「ふんっ。次で終わりよ!インファイト!!」  「キイィィィ!」

「ロコ、ゴットバード!!!!!!!!!」
「ペ─────ラ─────!!」

   ドッカ─────ン!!

2人は中央で激突した。  「勝者は・・・」

「・・・ペラッ」 「ロコ!そうか、自分で聖なる水を使ったのね!!」
「・・・ゴウカザル先頭不能。よって勝者は、タトスタウンのアイナ!!」

「やったぁ~~!」  「ペララ~~!」

「負けたわ。あなたはきっと強くなる。時々は遊びに来てね。あと、ハイこれ。」
アイナは『サンジュエル』をもらった!

・・・・・・もう一つの太陽のようだ。目の上に当ててみると、紅色のような橙色のような好奇心をそそぐ色の中に赤い☆のような小さい石?があった。
透き通るような赤で、目が離せなかった。

「そのジュエルは、この地でしか取れない宝石のようなものなの。」
「え。そんな貴重なものいいんですか?」
「まぁ、ここだけといってもいっぱい取れるのよ。数で困りはしないわ。他のテントでも同じようなもんよ。ウェンタタウンは海が近いから・・・」
「あ、言わないでください!お楽しみは後に残しておきたいので。では!」
アイナがテントを出ようとしたとき、
「一日に二人に負けるなんて何年ぶりかしら・・・」ティオはため息をついていた。

外は、いい天気。ポカポカと暖かく、空は雲ひとつない青空。
周りはまつりのように人があふれかえっており、その中ではポケモンバトルが行われている。

アイナは案内屋へ寄った。次のイスカシティへの向かい方が知りたかったのだ。   しかし中では・・・

「おいっ、さっさとはけ!ミュウを持った少女はどこへ行った!?」
「知らんっ。それに知っていても教えんわぃ!!」
「なんだと!貴様、アルス団に逆らうというのか!?」

  カタッ。   ・・・やばっ!
「! 誰だ、そこにいるのは」