※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<<問27平成18年午前 トップ問29>>


クロスサイトスクリプティングによる攻撃へのセキュリティ対策はどれか。
ア OSのセキュリティパッチを適用することによって, Webサーバへの侵入を防止する。
イ Webアプリケーションで,クライアントに入力データを再表示する場合,情報内のスクリプトを無効にする処理を行う。
ウ WebサーバにSNMPプログラムを常駐稼働させることによって,攻撃を検知する。
工 許容範囲を超えた大きさのデータの書込みを禁止し,Webサーバへの侵入を防止する。