※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<<問37平成18年午前 トップ問39>>


システム開発と取引のための共通フレーム(SLCP-JCF98)の目的はどれか。
ア ISO/IECのSLCPの検討内容を基にして,対象範囲に企画プロセスとシステム監査プロセスを加え,ソフトウェア取引に関する提案責任と管理責任を明確にすること
イ システム開発作業全般にわたって“共通の物差し”や“共通語”を使うことによって,作業範囲・作業内容を明確にし,購入者と供給者の取引を明確にすること
ウ ソフトウェアを適切に購入・使用するためのガイドラインを示すことによって,ソフトウェアの違法複製行為や違法複製品の使用を防止し,ソフトウェアの適正な取引及び管理を促進すること
工 特定の業種やシステム形態,開発方法論などに極力依存しないよう配慮し,社内の部門間での取引を除く受発注契約をスムーズに遂行すること