※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

なぜ、地方財政は破綻するのか???



国債依存度、意味は歳入に占める国債の割合、である。


分かりやすく言うと、自分の収入の何割が借金か?ということである。



これは、逆に言えば、自分の使える金のどれくらいかが借金返済になるか?


ということである。



借金とは必ず返す期限が来るので当然ではある。踏み倒さない限り、必ず返済しなければいけないのだ。



さて、これがどうして問題か?である。



国債依存、という言葉には大きなトリックがあるのだ。
つまり、


本当に頼れるのであればいくらでも頼ってもいいのでは?




という錯覚を引き起こしているのだ。
要するに、



自分の全収入が借金でもいいじゃないか!




という考えも当然に出来るのである。借金を返すにはまた、借金をすればいい、
世の中の全部が借金でなぜいけない!



ということである。

ところが、もし、無制限に借金をすればどうなるか、である。


世の中の金は紙であるので、無限にすることが出来る。
100万枚で足りなければ、1000万枚、それでも足りなければ1億枚


そういう考えも可能である。
だが、ここまでくれば誰でもわかるが、そんな無限に刷れる紙には誰も価値を認めないのである。



金=マネー、という金は有限であって価値がないと役に立たない


簡単に言うと、



金が作ることが出来るのは、働くか、財産を売らなければでないとダメ
(価値の創造と価値の交換)



もっと簡単にいうと、金=他人がほしがる紙



でなければいけないのである。



当然に、無限に刷れる紙ではいけないので、有限にしか刷れない。
これが近代・現代の財政に必須の理論である。


日本の場合、財政法などで金の刷れる数が決まっている。



さて、これが国債とどう関係があるのか?ということである。


答えは簡単で、


国債の数は金を超えることが出来ない
(ちょっと簡単にしてある



という決まりがあるため、国債というのも、有限であるのだ。



(だから、日銀総裁は邪魔者になったのだ!
 オレは別に日銀総裁の手下でもないが、代えてみれば結果は分かることだ
 別の日銀総裁にして国債を増やしても破滅は来るのだ。



   マスコミのつるし上げの理由はいつもこんな感じだな! 笑!
   だから、日本のマスコミの言いなりになると必ず滅びるのだ。
   一見、耳障りはいいのだよね~~~~ 笑。




さて本題に戻して、上のを簡単に言うと、




国債を増やしすぎると、金が壊れてしまう=金がなくなる



という仕組みにあるのだ。




それが地方財政の破綻とどう関係があるか?というと至極簡単で、




借金をしすぎて、これ以上借金が出来ない
だから、全収入が借金返済になってしまい、使う金が全く無い
という状態になるのが財政破綻




ということである。これは普通の破産、と全く同じことである。



簡単にいうと、





借金をしすぎて、借金を返すために借金をしたが

これ以上できないので、死にます



ということである。



なーーんだ、普通の世間と一緒じゃねえか!



と思ったあなたは正解。



さて、ここでもうひとつの考えがある。



死ぬくらいなら、もっと借金をすればいいじゃねえか!



これも正解である。ところが、これは最初の金を無限に刷る、の話に戻る。



つまり、






借金が出来ないのに、借金をしまくると、使える金がなくなる=死亡



(世間では、借金をしすぎると売られるか、借金取りに捕まってお仕舞い、となるというのと同じ)




ということになる。



つまりは、どう考えても借金を返す必要があるのだ。






さて、ここでもうひとつの究極の考えも無いことも無い。





借金で死にそうなら、いっそ死ね!別のやつを生め!




という考えであるが、これが国家ともなるとひどい暴論になっていよいよ使えないのである。






だから、国債はいきなり減少するのです。

つまり、国債の出せる上限がついに見えてしまったのですね。





これ以上すれば、金がゴミになるのだ。



だから、



円が下がり続ける=外国から見て、円はうそ臭い




ということになっているのである。
為替相場のことは聞いたことあるよな?




このまま行けば、



皆で円を無視しよう!=円はほしくない



ということになるのであった。


簡単に言うと、



外国からモノを買うときに金が無い

海外旅行に行って使う金が無い


ということになる。



つまりは、そこらじゅうから石油とパンとその他のほとんどが消え去り
国から逃げることも出来ない



という状況が来そうなのであった。




さらに、国債、ときくと




国の借金だからオレは関係ないじゃねえか!




と思ったあなたは大正解。



しかし、国が破産すると持っている金が全部紙クズになり、
コンビニやスーパーに行っても何もものが無く
職場もなくなるので無関係ではないのだ。


何で、こうなるか?というのは非常に簡単で、



金のないやつなんか、誰が相手にしたがるか?


おまえの隣に無一文がいて、モノをねだってきたらどうする?
おまえも嫌だろ?


と、いうことである。それも、その無一文は昨日まで世界一の金持ちだとすれば、あんた、どうする?





いやー、逃げ場がないのですわ。





最後に、究極の手段を忘れていた。
借金の存在を無視する、という手段もある。



これはいかにもよさそうだが、やはりダメである。




借金を無視するやつは、誰にも相手にされない



簡単にいうと、借金を無視するとやぱり使える金が無くなる
=モノがなくなる



のである。現実に言えば、




サラ金の借金を棒引きにしようとしたら、なぜか世の中がおかしくなった




=借金を踏み倒した人間がだーれにも相手にされなかった=全然うまくいかなかった


=借金をしている人間の借金をなくしても、そいつはまた借金をしたがる





(もし、おまえの横に、


サラ金の借金で生きているヤツがいて、そいつは一度も金を返した事が無い、



と判れば、どう思う?
やだろ?そいつ?

ということだな!





という現実と一緒であった。






さて、どうする?







   ~了~



※ 全部が事実です。ウソだと思ったら、学校の先生に聞いてみよう。

  先生でダメなら、教授に聞いてみよう。







さて、これをテレビが隠すのは、国からもらった金が1000億円=デジタル補助金
もあるからであり
それを全部ムダに使ってしまったからであった!


チャンチャン。



(しかし、これも事実である)







続・国債依存度 に続く。