※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

外見および名称の元ネタは特撮ドラマ「スーパー戦隊シリーズ」であろう。
また「ラッキョウがパワーの源」など、スーパー戦隊以外のヒーローのオマージュも見受けられる、
また、相手を洗脳したり、レントゲンによる透視能力を備えている。
更にレッドとイエロー曰く、悪や怪人を探知するアンテナ、空を滑空するマフラーなど、全部で27の秘密があるという。
なお、体に関しては主人公の絵という外見だけを元にした存在ゆえか、ブラックを除いてスーツの中は空っぽである
(作中で明言されたのはイエローとピンクのみだが、
人間の体を持つブラックが特別だと言われていたことから残りのメンバーも中身は空だったと考えられる)。
ただし、中でどうなっているのかは分からないが食事などは問題なくできる
(一応ヒーローの透視能力で中を見ると腹の中の食べ物が見えたりするそうだ)。
また、オレンジが主人公(8)に麻酔銃で撃たれた際、痺れて動けなくなったことから毒は効く模様であり、
これらのことから基本的には普通の体と同じように機能しているようである。
その後のシリーズでの彼らの存在についての説明によると、主人公(7)の子供の頃に思い描いた想像・妄想が具現化したもので、
11の朱里ルートではブラック曰くジンやシズヤと「似たような存在」であり、
12のピンクルートでは妖怪の一種のようなものであることが語られている。
ポケレンジャーそのものを名指しされたわけではないが、
パワポケ13の時代には魔人やヒーローのような「具現化」という存在が科学的に認められている。