※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フワライド

特徴と考察 データ

気球でゆっくりと空を飛ぶ、ききゅうポケモン。

ゴーストタイプとしては非常に珍しくHP種族値がずば抜けています。ただし他の耐久面種族値に大きな不足、実質耐久力はヨノワールに劣ります。

「ゴースト・ひこう」という珍しい複合タイプは3つのタイプの攻撃を半減させることができ、浮遊ゴーストのようなタイプ相性ですが、飛行タイプがついているため氷、岩技での役割破壊を受けやすいところが難点です。

このポケモンの最大のメリットは補助技の豊富さ。そして特性「かるわざ」により「チイラのみ」「オボンのみ」「ナモのみ」などを使いながら、「すばやさ」上昇といった非常に面白い役割遂行が可能です。
種族値 タイプ ゴースト/ひこう 
HP 150 とくせい かるわざ/ゆうばく
こうげき 80 タイプ相性
ぼうぎょ 44 ×4 ---
とくこう 90 ×2 あく/ゴースト/でんき/こおり/いわ
とくぼう 54 ×0.5 どく/くさ
すばやさ 80 ×0.25 むし
合計 498 ×0 ノーマル/かくとう/じめん
性格/努力値配分

長所のHPに・・と言いたいところですが、元からHPが高すぎるポケモンはHPよりも防御特防に努力値を加えた方が実質耐久力が大きく向上するので、役割に応じて「ぼうぎょ」もしくは「とくぼう」に振ってあげたいところです。

努力値は無振りヘラクロス抜き、最速カイリキー抜きなど。
「かるわざ」での上昇量は2倍。努力値を4加えるだけでも最速130組と同速になれます。
「かるわざ」発動時に最速スカーフヘラクロスを抜ける調整がオススメです。


攻撃技
シャドーボール
タイプ一致で威力120。ゴーストエスパーに効果抜群なので「かるわざ」+αでゲンガーフーディンを流す場合に強制交換させやすくなります。
サイコキネシス
こちらは格闘のサブウエポン「ストーンエッジ」「つじぎり」で持ち物が発動したとき、相手の格闘タイプを交換させやすくなります。
10まんボルト
高威力ですが、仮想敵の弱点を突いているケースが少ないため、他のわざとの兼ね合いが悪く、技スペースで不要になりがちです。
だいばくはつ
破壊力が高く「かるわざ」との相性も評価できます。
補助技
さいみんじゅつ
3匹戦で特に効果を発揮。ほぼ全ての相手に有効で、役割遂行としても役割破壊としても使い勝手が良い技です。
おにび
でんじは
メタグロス、マニューラ、ドンカラス、プテラなど力強い物理ポケモンを牽制します。
「おにび」は地面ノーマルとのタイマン戦に、「でんじは」は水タイプ草タイプなど堅いポケモンへの交代読みに役立ちます。
たくわえる
「ぼうぎょ」「とくぼう」を上昇し、長い居座りへとつなげます。
「バトンタッチ」で引き継ぐこともできます。
めいそう
自身の決定力を上昇させる貴重な積み技、バトンタッチで引き継ぐことも可能です。
バトンタッチ
「たくわえる」や「めいそう」を味方に引き継ぎます。
みちづれ
次の相手の行動にプレッシャーをかけられるのが利点です。
ねむる
「カゴのみ」とセットで流し回数を増やしてあげたいところです。

☆役割遂行型☆

【シャドーボール、選択肢、さいみんじゅつ、だいばくはつ@ナモのみ、カゴのみなど】

「かるわざ」による道具とのコンビネーションで流し回数を1回増やすことができます。