※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドンカラス

特徴と考察 データ

ヤミカラスが進化し、ヤミカラスのボスに。

特性が「ふみん」であれば「さいみんじゅつ」「あくび」が効かないところが大きなポイント。
「こうげき」が非常に優れており、「おいうち」を覚えることができ、さらにはエスパーゴースト技半減、「きあいだま」が弱点にならないため、ゴーストエスパーキラーとして真価を発揮します。

ただし耐久が薄く「すばやさ」も乏しいため、ゲンガーアグノムラティオスの「10まんボルト」などが不吉。「こだわりスカーフ」や「ソクノのみ」、「ふいうち」などの使い方も重要です。
プレイヤーの読みが試されるポケモンともいえるでしょう。
種族値 タイプ あく/ひこう
HP 100 とくせい ふみん/きょううん
こうげき 125 タイプ相性
ぼうぎょ 52 ×4 ---
とくこう 105 ×2 でんき/いわ/こおり
とくぼう 52 ×0.5 くさ/むし
あく/ゴースト
すばやさ 71 ×0.25 ---
合計 505 ×0 じめん/エスパー
性格/努力値配分

耐える方の努力値も考えておく必要があります。「とくぼう」に132でゲンガーラティオスの「10まんボルト」を1発耐えます。
ただし交代際のダメージや「ステルスロック」での計算崩れに要注意。

「すばやさ」は「こだわりスカーフ」装備なら最速フーディン抜き、「こだわりスカーフ」無しならば無振り80組抜きをオススメします。

ベースとしては攻撃252から「すばやさ」「とくぼう」の努力値調整に削っていく感じ。

攻撃技
おいうち
相手が交代したならば倍のダメージとなり、耐久面に努力値を振っていないフーディンゲンガーアグノムラティオススターミーを確定1発です。
ただし、相手が交代してくれなければ攻撃252でも威力40の「おいうち」でフーディン以外を1発で落とせません。
タイマン戦では逆にこちらが倒されることにもなりかねないので、対策として前述した努力値調整や「こだわりスカーフ」「ソクノのみ」、読みの勝負ですが「ふいうち」などでも。
ふいうち
相手が交代したときの「おいうち」と同じ威力。
読み外しても1発見せておくだけで相手にはかなりのプレッシャーとなります。
つじぎり
威力70でこちらもタイプ一致。「きょううん」「ピントレンズ」と合わせて急所率50%。
急所に当たらなくてもゲンガーなら1発で落とすことができます。
ドリルくちばし
タイプ一致で高威力。拘り型のサブウエポンに困ったときなどに入れておきたい技です。
はがねのつばさ
これも拘り型のおまけウエポン。
あくのはどう
「わるだくみ」を使う場合はメインウエポンとして是非欲しい技です。
補助技
わるだくみ
「とくこう」を2段階上昇。
決定力自体はそれほど優れているわけではなく、防御面や「すばやさ」に難があるので、少し使いにくいといえます。
でんじは
プテラやメタグロスを誘いつつ使いたい技です。
ちょうはつ
相手の補助技を封じ、「ふいうち」の成功を期待します。
エアームド、ドータクンにも相手の交代際にかけておくことで動きを封じることができます。
いやなおと
敵を強行突破。交代読みでも効き目があります。
あやしいひかり
いばる
俗に言う「ストップコンボ」に有力。
みがわり
これも交代読みの技。「ふいうち」も成功しやすくなります。
ぜひとも「でんじは」「いばる」「いやなおと」などとご一緒に。
ほろびのうた
居座る相手を強引に流します。
はねやすめ
回復が追いつくかどうかは疑問。ちなみに「ふみん」だと「ねむる」が使えません。
型紹介
☆おいうち型☆

【おいうち、ふいうち、でんじは、みがわり@ソクノのみ】

ゲンガーなどの相手を交代、攻撃の2択に追い込み、なおかつ自分も追い込まれます(何
読みのテクニックもおそらく鍛えらr(ry