※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボーマン・ジーン


現在地:D-05/D-05北西部
時間:黎明
初期支給品:初期支給品:アクアベリー@SOシリーズ(アドレーを助けるときに消費済み)
MP残量:10%
状態:全身に打身や打撲 上半身に軽度の火傷 フェイトアーマーの効果により徐々に体力と怪我は回復中
装備:エンプレシア、フェイトアーマー
道具:サイレンスカード×2、メルーファ、調合セット一式、バニッシュボム×5、ミスリルガーター、七色の飴玉×2、エターナルソード、首輪×1(フレイの物)、荷物一式×5
行動方針:最後まで生き残り家族の下へ帰還
思考1:完全に殺しを行う事を決意。もう躊躇はしない
思考2:とりあえずレザードと一緒に行動。取引を行うか破棄するかは成り行き次第
思考3:安全な寝床および調合に使える薬草を探してみる
備考1:調合用薬草は使いきりました
備考2:アシュトンには自分がマーダーであるとバレていないと思っています
備考3:ガソリン塗れの衣類は焼けています。再び引火する可能性の有無は後の書き手さん次第で
備考4:クリフの持っていたアイテムを把握しました
備考5:ミニサイズの破砕弾が1つあります


【動向】
毒で自滅したアドレーを医者としての責任感で助ける。が、家族の下に帰るためにゲームに乗ることを決意、アドレーを殺害する。
その後マリアに会い、重症のクレスの治療をするよう頼まれ、迷いながらも彼を助ける。
マーダーとして優勝する決意はしているが、依然殺人に疑問を持っている。
その後遭遇したチェスターにクレスの怪我の情報と秘仙丹と偽った破砕弾を渡す。また軽く自己嫌悪。
その後ホテルでカレーを見つけマンドレイクを混ぜることにするもチサトに見つかる。
その後散々悩むもとうとう『目の届かない場所でしか殺せないヘタレマーダー』の脱却を決意。
肉弾戦の末にチサトを殺害。炎に包まれたホテル跡を後にする。
その後ノエルとロウファの死体に遭遇。ノエルの死体からバーニィシューズを回収したことで目的地をホテル跡に変更する。
ホテル跡で獲物を待っているとそこに現れたのはクレス殺害に利用しようとしたチェスター。
怒り心頭で自分を殺しにきたのかと思い挑発するも、何故か破砕弾の件がクロードのせいになっていると知る。
そのことを利用しチェスターと組み、その後現れたアシュトンをマーダーと知りながらも利用してやろうとチームに引き込む。
――ボーマン・ジーン、覚悟完了!
しかしチェスターの行動を見て早くも呆れ気味、彼の思惑は果たしてうまくいくのだろうか……?
装備の充実化を目当てにチェスターの敵討ちに賛同し、苦戦するアシュトンを見てソフィア戦に乱入。
ソフィアをアシュトンが引き付けている内にクリフを仕留めにかかるが、間一髪で防がれてしまった。
ガソリン濡れで魔術師の相手は危険と判断しクリフの相手を引き受けるも、予想外の苦戦をするはめに。
クリフを倒す決定打を得るべく、バーニィシューズの脚力を活かして支給品の配布された鎌石村役場へと向かう。
が、距離を離したはずのクリフからまさかの反撃をくらい、バーニィシューズを破壊されてしまった。
逃げ切る事が出来ずにやむなく戦闘継続。善戦するものの、後一歩のところで敗北、気絶する。
目覚めた時に見たのは氷付けのクリフと、世紀の変態レザード・ヴァレス!何とか騙して利用しようと考えるが、流石に相手が悪かった。
終始主導権を握られ、取引という形で彼に協力させられることになる。クリフの支給品を手に入れられた事がせめてもの救いか?
レザードと共にアシュトンの元へと戻るボーマンだったが、到着した時にはアシュトンの姿はなく、チェスターがソフィアと仲良く談笑中。
ここでもまた今後の展開をレザードに任せ、レザードの決めた通りに動くことに。
その結果屍霊術によりゾンビ化したクリフの能力を試す実験に付き合うことになってしまった。
やりたい放題の限りを尽くすレザードだが、レザードに対抗出来るアイテムは見つけたぞ!
レザードを殺すも生かすも君次第だ!どうするボーマン?


殺害数:3(アドレーガルヴァドスチサト
同行者:レザード


ロワ内における他キャラとの関係
名前 関係 遭遇状況
【SO2】 同作品のキャラ  
     
【SO3】    
     
【VP】    
     
【VP2】    
     
【RS】    
     
【TOP】    
     
【非参加者】    
ルシファー   オープニングにて目撃。
ルシフェル   オープニングにて目撃。
那々美 みせしめになるのを見たが、本編ではノータッチ。 オープニングにて目撃。



|