GGXX Accent Core Jam Wiki 聖騎士団ソル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【指針】


  • 安易にレベル上げさせないことが最重要。

  • 地上は無理に付き合わない。

  • 可能な限りファフニールをカウンターで喰らわない事。

  • 時々FB百歩沁鐘を差し込むとペース握られにくくなるから重要だが、相手のFBには注意。

  • 起き攻め時はシュトルムを誘いつつ空振りにJSからのコンボや、背が高いためめくり特剣なども狙いやすい。
    • 相手がレベル3の時はリバサタイランレイブも要警戒。祓歩→投げもあり。

  • 被起き攻め時の相手の選択肢は、F式、ファフニール、ガンブレイズ、2HS、投げなど。
    • LV1ガンブレ重ねは祓歩→最速FB百歩 or 6HS→遠S→低空龍。
    • LV2の場合は、一段目を祓歩→戀崩孃で最大反撃。
    • 暴れ潰しにファフニールなどがあるので基本的に暴れない。FDで離して逃げ優先。
    • 相手レベル3の時のBRPとファフニールの二択は見えないので、画面中央ならファフニールの方を捨てて祓歩に集中もあり。

  • 画面端では相手の投げに気をつける。

  • 聖の対空は基本的に 置き or 先読み 対空しかないので、強気に行くなら低ダJDが機能する(聖ソル側は咄嗟に対応できない)。
    • ただし立ちHSでは落とされないが、相手の対空ガンブレ、前JP連打に負けるので注意。

  • 2S止め等からの前Jがきついが、頑張って祓歩・・・出来るか?

【開幕】


  • 基本様子見で、相手の動きに合わせて動く。

【地上】


  • 2Dには立Kが有効。読めたら逆鱗。
    • 爆蹴に反応して2Dを出してくる場合、派生足払いで勝てるため、ゲージか朝凪があるなら牽制も兼ねて振るのもアリ。
    • 足払いはファフニールには負けるが、その場合は爆蹴で誘っておいて派生跳刃やFB百歩沁鐘なども。

  • 2Sには祓歩も有効だが、ぶっぱファフニールが面倒なので地上戦はあんまりしない。
    • 読んでいたらら生逆鱗、FB百歩沁鐘が安定。
    • わざと2Sを振らせて隙に差し返す、あるいは”2Sにダッシュ祓歩”を意識させて2Dを誘うのもあり。
    • きついと感じる場合は無理に付き合わないか、ダッシュ2Sを振り回す相手には特殊逆鱗もアリ。

  • ロックイットには6Pで勝てるので6P→低空龍からコンボ。

  • ロックイットや踏み込み2S、2Dに対して届かない位置で置き6HSという選択もあるが、置きBHBか遠S先端で叩かれるのでケースバイケース。

  • 遠Sは主に紗夢を追い払うために振られるが、こちらのダッシュ2D先端がカウンターヒットするためあまり振られない。
    • それでも出してくる場合はJ防止にもなるためやりにくいが、6HSまで出して来るなら祓歩→低空龍。

【地対空】


  • カウンター狙いのJP、JHSには早めの2HSがリターン大きい。

  • 聖ソルの飛び込みは大抵昇りJP→JHSなので置き百歩沁鐘か祓歩で対応。
    • ゲージあるなら見てからFB百歩沁鐘。

  • 対空剣楼閣は相打ちで紗夢のスライドダウンに起き攻めされるので止めたほうが無難。

  • ジャンプが低いため、ぬるい飛込みには引きつけて砕神掌なども(でもコマミスで朝凪溜め始めたりするから困る)。

【空対地】


  • ガンブレイズがあるため特殊逆鱗などは危険。

  • 向こうの対空としてはJP、立ちHS、ガンブレイズのみ。
    • 各行動を誘っておいて、JPには放置か置き百歩沁鐘、FB百歩沁鐘、立ちHSやGBには足払い→爆足→朝凪龍刃などを狙っていく。

【空対空】


  • JSや昇りJKなど。

【その他】


  • 祓歩ポイントとして、遠S、6HS、BRP、ロックイット、タイランレイブなど。

  • シュトルムヴァイパー二段目をガードしたら(FRCされても)JS確定(未確認)。