Rebel Rabbit


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Rebel Rabbit

監督: Robert McKimson
脚本: Warren Foster
発表: 1949年4月9日
L/M: Merrie Melodies
※現行吹替え版未公開エピソード


あらすじ

 森の狩猟対象動物に政府がつけた報奨金は、熊が50ドルで、鹿は75ドル、そしてウサギはたったの2セント。あまりのウサギの安さに自尊心を傷つけられた バッグス・バニー は、ワシントンD.C.の担当局まで抗議に訪れる。そこでウサギが安いのはウサギが無害な動物だからだと聞かされると、バッグスはウサギの恐ろしさを世に知らしめるため大胆な行動に出る。

・・・・

収録状況

 未収録

登場キャラクター


備考

1. バッグスが行った悪行の一覧(ネタバレ)
+...
  • ホワイトハウスからの退出時、手始めに警備員の脛を警防で殴る。
  • バーナード・バルークの専用ベンチをバッグス・バニー専用ベンチに書き換える。
  • ワシントン記念塔を理髪店のポール風(赤白のストライプ模様)に塗り替える。
・・ ・・
  • タイムズスクエアのネオンを「バッグス・バニー参上」と点灯させる。
  • ナイアガラの滝を止める。
  • マンハッタンをアメリカ先住民の居住地に戻す。
・・
  • フロリダを大陸から切り離す。
  • パナマ運河を通行止めにする。
  • グランドキャニオンを埋め立てる。
・・

2. 小ネタ
  • サンフランシスコ湾に浮かぶアルカトラズ島は、1967年まで凶悪犯専門の刑務所として使われていた。
  • 作中表示される金額は今の価値に換算するとおよそ10倍ほどの値段になる。
  • 映像の一部に他の映画から拝借した実写映像が使われている。

3. 台詞
  • 国会議員 :私はそりゃお前、私はバッグス・バニーに賞金をかけることを要求します! 賞金首です、つまり。あの下劣で哀れで役に立たない野ウサギは死ななければならない!
  • バッグス・バニー〔※帽子から突然登場して〕 野ウサギ(hair)、死ぬ(die)、毛染め(hair dye)! ジョークだよお前! 見逃したって? そりゃお前、僕はあたまの回転が速いんだ!
    議員の声と喋り方は、ラジオ番組『Allen's Alley』の登場人物であるクレグホーン上院議員を模している。なお、今作を手掛けたロバート・マッキンソンとウォーレン・フォスターは、クレグホーン上院議員をモチーフの1人にしたキャラクター:フォグホーン・レグホーンシリーズの担当でもある。