バッグス、リングで燃えろ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Bunny Hugged

1951年3月10日公開 - Merrie Melodies - バッグス・バニー

スタッフ
  Director: Charles M. Jones
  Story: Michael Maltese
  Animation: Ken Harris, Phil Monroe, Ben Washam, Lloyd Vaughan
  Layout: Peter Alvarado / Backgrounds: Philip DeGuard
  Voice Characterizations: Mel Blanc
  Music Direction: Carl Stalling

あらすじ
 プロレスチャンピオンヘビー級決定戦に盛り上がるスタジアム。
 観客がブーイングを張り上げる中、戦況はチャンピオンにして悪役レスラーであるクラッシャーの一方試合に。
 困ったのは挑戦者のマスコットキャラクターを務めるバッグス・バニーだ。
 バッグスは自分の食い扶持を守るため、クラッシャーをノックダウンすべく覆面レスラーとして試合に参入する。

+登場キャラクター(クリックで表示)
登場キャラクター

+ギャグ(クリックで表示)
ギャグ
 自慢の筋肉を見せつける現チャンピオンのザ・クラッシャー。

 対する挑戦者はラブリー・ロナルド。
 ド派手な入場パフォーマンスは、実在のプロレスラー:ゴージャス・ジョージの芸風を模したものと見られる。
 (ただし、ジョージ本人はどちらかと言えばクラッシャータイプのヒールレスラーだった)
 また「de-natured boy」という二つ名は、別のレスラーの“ネイチャーボーイ”ことバディ・ロジャースから来ている。

 ラブリー・ロナルドのマスコットとしてバッグス・バニーもリングに登場。
  「生きるためさ」

 クラッシャーに耳をねじられ、ゴム飛行機のように会場を舞うバッグス。

 クラッシャーの太腿に挟まれたバッグスは被っていた覆面を破る。
 下着が破れたと誤解し慌てふためくクラッシャー。そこにバッグスは仕立て屋に変装した姿で現われ……。

+備考(クリックで表示)
備考
  • 「Rabbit Punch」 (1948年、ジョーンズ) でバッグスとボクシング対決したヒール格闘家が、今回はバッグスとレスリングで再戦。
    • 役名は「キャプテン・マクグック」から「(ザ・)クラッシャー」に変更。
      以後、スピンオフ作品等(『ダック・ドジャース』他)でもこちらの名前が使われるようになる。

+日本での放送(クリックで表示)
日本での放送
  • バッグス・バニー ショー: バッグス、リングで燃えろ  - 現行吹替え版
  • マンガ大作戦/バックス・バニーとゆかいな仲間: レスラーバニー
  • バックス・バニーのぶっちぎりステージ: チャンピオン誕生(初回)/とくいワザはバニー固め(再吹替)

+収録状況(クリックで表示)
  • 日本
    • DVD『ルーニー・テューンズコレクション オールスターズ2』(ワーナー・ホーム・ビデオ) - 現行吹替え版
    • 1コインDVD『ルーニー・テューンズコレクション オン・ステージ編』(ワーナー・ホーム・ビデオ) - 現行吹替え版
    • VHS『バックス・バニーのブンブンランド6』(ワーナー・ホーム・ビデオ/廃盤) - 旧吹替え版「チャンピオン誕生」
  • 米国
    • BD/DVD「Looney Tunes Platinum Collection 3」(ワーナー・ホーム・ビデオ) - 英語
    • DVD「Looney Tunes Golden Collection 2」(ワーナー・ホーム・ビデオ) - 英語
    • DVD「Looney Tunes Spotlight Collection 8」(ワーナー・ホーム・ビデオ) - 英語