PD:バッグス・バニーVol.1~3(ゴマブックス)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

吹き替え 日本語字幕 発売元
× ゴマブックス

  • 邦題にリンクが付いて いない タイトルは、正規吹き替え版が存在せず、カートゥーンネットワークでは放送されていない作品。
  • 邦題に☆が付いているタイトルは、正規吹き替え版は存在するが、カートゥーンネットワークでは放送されていない作品。

Vol.1「イタズラなウサギ」
# 邦題 原題 公開年 監督 共演キャラクター
1 カメ ウサギに勝つ Tortoise Beats Hare 1941年 TA セシル・タートル
2 イタズラなウサギ The Heckling Hare 1941年 TA 猟犬
3 ウハギのイタズア Wabbit Twouble 1941年 TA エルマー・ファッド
4 バッグス・バニーと金鉱掘り The Wacky Wabbit 1942年 BC エルマー・ファッド
5 間抜けなハゲタカ Bugs Bunny Gets The Boid 1942年 BC ビーキー・バザード
6 バニーと魔術師 Case of the Missing Hare 1942年 CJ 魔術師
7 カメがウサギを超えた日 Tortoise Wins By a Hare 1943年 BC セシル・タートル
8 スーパーウサギ Super-Rabbit 1943年 CJ コットンテイル・スミス
9 名曲の喧しい夕べ A Corny Concerto 1943年 BC ポーキー・ピッグ
監督名について
  「TA」=テックス・エイヴリー、「BC」=ボブ・クランペット、「FF」=フリッツ・フレレング、「CJ」=チャック・ジョーンズ、「RM」=ロバート・マッキンソン
  憎たらしいけどニクめないクールなウサギのバッグスが、キャンプで猟師のエルマーにイタズラをしたり、科学者が作った特別なニンジンでスーパーラビットに変身したりと大胆不敵に大活躍! 当代最高のエンターテイナー、バッグス・バニーから目が離せない!!(商品説明より)

Vol.2「いとしのバニー」
# 邦題 原題 公開年 監督 共演キャラクター
1 やっかいな赤ずきん Little Red Riding Rabbit 1944年 FF 赤頭巾と狼
2 吹雪の夜の知恵くらべ Hare Force 1944年 FF 飼い犬
3 バニーと熊の親子 Bugs Bunny and the Three Bears 1944年 CJ スリー・ベアーズ
4 バニーのホラー体験 Hair-Raising Hare 1946年 CJ ゴッサマー
5 アクロバット・バニー Acrobatty Bunny 1946年 RM ライオン
6 ラビット狂騒曲 Rhapsody Rabbit 1946年 FF ネズミ
7 我が愛しのゴリラ Gorilla My Dreams 1948年 RM ゴリラ夫妻
8 いとしのバニー My Bunny Lies Over The Sea 1948年 CJ スコットランド人
9 赤頭巾ウサギに気をつけろ The Windblown Hare 1949年 RM 3匹の子豚と狼
  海を漂流していたバッグスは、ゴリラの島でメスゴリラに自分の子供だと思われて大迷惑。吹雪の夜には、どちらが家から追い出されるかで犬のシルベスターと知恵くらべ。ある時は悪い科学者におびき出されたり……? バッグスはピンチを切り抜けられるのか!?(商品説明より)

Vol.3「オレがスターだ」
# 邦題 原題 公開年 監督 共演キャラクター
1 南極への旅 Frigid Hare 1949年 CJ ペンギンの子
2 夢は音楽家 Hurdy-Gurdy Hare 1950年 RM ゴリラ
3 どったのセンセー? What's Up Doc? 1950年 RM エルマー・ファッド
4 泣くなペンギン 8 Ball Bunny 1950年 CJ ペンギンの子
5 セビリアのラビット理髪師 Rabbit of Seville 1950年 CJ エルマー・ファッド
6 オレがスターだ Big Top Bunny 1951年 RM ブルーノ・ベア
7 雨の日の悪夢 Water, Water Every Hare 1952年 CJ ゴッサマー
8 オーレ!!は闘牛ウサギ Bully For Bugs 1953年 CJ
  サーカスに鳴り物入りで加入したバッグスと、サーカスの看板スター・クマのブルーノが、スターの座をかけて対決! また、名セリフ「どったの センセー?(What's Up Doc?)」誕生秘話を、彼の波瀾万丈な半生とともにバッグス自身が得意げに語る!!(商品説明より)



関連項目