Tweety and the Beanstalk

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1957年3月15日公開 - Merrie Melodies - シルベスター&トゥイーティー

スタッフ
 Director: Friz Freleng
 Story: Warren Foster
 Animation: Virgil Ross, Gerry Chiniquy, Art Davis
 Layouts: Hawley Pratt
 Film Editor: Treg Brown
 Voice Characterizations: Mel Blanc
 Music: Milt Franklyn

あらすじ
 ある日のこと、野良猫のシルベスターが目を覚ますと、そこは雲の上の世界。寝床にしていた木箱の下に不思議な豆が投げ捨てられ、その豆があっという間に成長して、天までツルを伸ばしたのだ。シルベスターは見慣れぬ風景に戸惑いながら、巨大な城の窓辺に彷徨いこむ。そこで彼が目にしたのは、大きな金色の鳥かごに入った巨大サイズのトゥイーティー。シルベスターは自分より大きな獲物に歓喜し、抱きかかえて連れ去ろうとするが、そこにトゥイーティーの飼い主である巨人がやってくる。間一髪で発見は免れたものの、巨人はトゥイーティーの入った鳥かごを天井高くに吊るし直して去ってしまった。諦めきれないシルベスターは、部屋の中にある巨大な日用品を使ってトゥイーティーを手に入れようとするが……。

+登場キャラクター(クリックで表示)
登場キャラクター

+ギャグ(クリックで表示)
ギャグ
 童話『ジャックと豆の木』同様、物語はジャック青年が牛と交換してきた豆を母親が投げ棄てるところから始まる。

 ドライバーをくくりつけた棒で鳥かごを分解しようとするシルベスター。
 (後期の常だが)今回トゥイーティーはただ安全圏にいるだけで、特に体の大きさを生かしたトリックなどは仕掛けてこない。

 巨人の飼い犬に追われて壁の隙間に逃げ込んだシルベスターは、巨大なネズミと鉢合わせしてびっくり。
 また巨大ネズミの方も天敵であるネコの出現に飛び上がって驚く。





 以下の記述には結末部分のネタバレが含まれます。





 巨人が後を追ってこられないよう、一足早く地上に降りて豆の木に斧を入れるシルベスター。
 だが落ちてきた巨人の下敷きになってしまい、地面に深く埋もれたシルベスターは、地球を貫通して中国に顔を出す。
 そこにはまたしても異国版のトゥイーティーが……。

+備考(クリックで表示)
備考
  • イギリスの昔話『ジャックと豆の木』のパロディ篇。
    原作でジャックが巨人から盗み出すのは金の卵を生むガチョウだが、
    本作でシルベスターが狙うのはいつも通り金のカゴに入った小鳥である。

+日本での放送(クリックで表示)
日本での放送
  • バックス・バニーのぶっちぎりステージ: シルベスターと豆の木
 ※現行吹き替え版未公開エピソード

+収録状況(クリックで表示)
  • 米国
    • DVD「Looney Tunes Golden Collection Vol.5」 (ワーナー・ホーム・ビデオ) - 英語
    • DVD「Looney Tunes Spotlight Collection Vol.5」 (ワーナー・ホーム・ビデオ) - 英語
    • DVD「Looney Tunes Super Stars: Sylvester & Tweety」 (ワーナー・ホーム・ビデオ) - 英語

 リージョン1のDVDを再生するには、パソコンのプレイヤーの設定を変更するか、特別な機器が必要です。