Life with Feathers

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1945年3月24日公開 - Merrie Melodies - シルベスター(初)

スタッフ
 Director: I. Freleng
 Story: Tedd Pierce
 Animation: Virgil Ross
 Musical Direction: Carl W. Stalling

あらすじ
 妻に家から追い出されてしまったラブバード(インコの一種)。ラブバードは愛なしでは生きていけない。世を悲観した彼は自殺を考え、路地でゴミを漁っていた猫(シルベスター)の前に体を投げ出す。すると猫は一旦は獲物に飛びついたものの、すぐに逡巡した顔つきになり、きっとこの鳥は毒入りで何かの罠に違いないと判断を下す。かくして鳥には手をつけず飼い主宅に戻った猫だが、ラブバードもしつこく後をついてくる。拒む猫に対し、ラブバードは弱々しく、しかし頑なに、実力行使を伴って捕食を懇願してくるのだった。

+登場キャラクター(クリックで表示)
登場キャラクター

+ギャグ(クリックで表示)
ギャグ
 激昂した妻に巣箱から放り出されたラブバード。自殺を考えていた彼の前に猫が現れる。
 シルベスターの初登場シーン。(のち1948年公開「居候大作戦/Kit for Cat」、1951年公開「トゥイーティー、S.O.S./Tweety's S.O.S.」でも再利用)

 「スルメも逆立ち! ひな鳩だ!(Sufferin' succotash! Squab!)」
 ラブバードを見つけたシルベスターの第一声。
 「スルメも逆立ち」のフレーズはその後20年間に渡ってシルベスターの口癖として繰り返し使われることになる。

 シルベスターの足をハンマーで殴り、シルベスターが叫び声を上げた隙に口の中に飛び込むラブバード。

 ラブバードを家から追い出すシルベスター。だがラブバードはしつこく家に戻ってこようとする。

 ラブバードが広げるレシピ・ブックに飢餓感を煽られ、まるで針金のように痩せ細るシルベスター。

+備考(クリックで表示)
備考
  • トゥイーティーのデビューから遅れること2年少々、シルベスター(名前はまだない)が初登場。
    毛皮は若干青みがかっているものの、性格は本作の時点で既に完成されているといってよい。
    長期に渡って活躍したキャラには珍しく、シルベスターはデザイン・性格の両面で活動期間を通してほとんど変化が見られない。
  • タイトルは当時大ヒットを飛ばしていたブロードウェイミュージカル『Life with Father』をもじったもの。

+評価(クリックで表示)
評価
  • アカデミー賞ノミネート
+収録状況(クリックで表示)
  • 米国
    • BD/DVD「Looney Tunes Platinum Collection Vol.3」(ワーナー・ホーム・ビデオ) - 英語

 リージョン1のDVDを再生するには、パソコンのプレイヤーの設定を変更するか、特別な機器が必要です。