Trick or Tweet


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1959年3月21日公開 - Merrie Melodies - シルベスター&トゥイーティー

スタッフ
  Director: Friz Freleng
  Story: Warren Foster
  Animation: Art Davis, Virgil Ross, Gerry Chiniquy
  Layouts: Hawley Pratt / Backgrounds: Tom O'Loughlin
  Film Editor: Treg Brown
  Voice Characterizations: Mel Blanc, Daws Butler (Sam Cat, uncredited)
  Music: Milt Franklyn

あらすじ
 路地に立つポールのてっぺんに巣を構えるトゥイーティー。そこに伸びる2本の手。トゥイーティーを巣ごと掴んでポールの両端から降りてきたのは、シルベスターサムの性悪ネコたちだ。やがて相手の存在に気付いた2匹は乱闘を始めるが、途中でシルベスターが待ったをかける。シルベスターはこんな小さな獲物で争いあうなんて馬鹿げてると言い、隣人のよしみで互いに手出しはやめようじゃないかと持ちかける。するとサムも独自のしゃくり笑い混じりに提案を呑み、ここに晴れて紳士協定が結ばれることに。さて、これで争う理由もなくなった2匹だが、どちらがトゥイーティーを元の場所に戻してくるかでやや揉める。さらに巣を戻し終わった後も、2匹ともポールの下からなかなか立ち去ろうとしない。じっくりと睨み合ってから両者は別々の方角に立ち去るが、その瞬間には2匹とも抜け駆けの算段をめぐらせているのだった。

+登場キャラクター(クリックで表示)
登場キャラクター

+ギャグ(クリックで表示)
ギャグ
 サムに手出しはやめようと約束した直後、ゴミ箱に身を隠してトゥイーティーを捕まえにいくシルベスター。
 だがシルベスターがポールを登っていると、上から同じくゴミ箱をかぶったサムがトゥイーティーを持って降りてくる。 

 ネコたちに備えてポールに有刺鉄線を巻くトゥイーティー。
 それからのちサムが昼寝をしていると、ポールの方から悲鳴と叫び声が聴こえてくる。
 サムが現場に駆けつけると、そこにいたのは有刺鉄線でボロボロになったシルベスター。
 非難のまなざしを向けるサムに、シルベスターは 「ア゛~~、黙れ!」 と逆切れで一喝。

  バットマンコスチューム に身を包み、空を舞ってトゥイーティーを捕まえようとするシルベスター。
 だが上空で同じくバットマンコスチュームを着たサムと衝突し、あえなく落下してしまう。 

+備考(クリックで表示)
備考
  • シルベスターが別のネコとトゥイーティーを奪い合う作品には、
    この他に「ネコたん大騒ぎ/Putty Tat Trouble」 (1951年、フレレング) と「Tweet and Sour」 (1958年、フレレング) がある。
    なお本作のストーリーボード段階では、サムは「Tweet and Sour」に出てくる野良猫(オレンジ色で眼帯をしている)と同じ姿で描かれていた。
  • 原題はハロウィンの合言葉である「Trick or treat(お菓子か悪戯か)」から。

+日本での放送(クリックで表示)
日本での放送
  • マンガ大作戦/バッグス・バニーとゆかいな仲間: 二人よってもネコの知恵
  • バックス・バニーのぶっちぎりステージ: ネコたんVSネコたん
 ※現行吹き替え版未公開エピソード

+収録状況(クリックで表示)×
収録状況
 未収録