※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フィリア=ゾディアーク

ゾディアック魔導王国にある魔女の森に住む少女。銀髪に深い蒼い瞳を持つ。
普段はフードを深く被っていてその素顔を見るものはあまりいない。殆ど無口である。
森へ迷った者を街へ誘導したり、時折その姿を市場で目撃されている。

ゾディアックシステム?を介さず魔導術を扱うことが出来るが育ての親には安易に使うことを禁じられている。


金色の詩人とは面識があるようで彼女に対してはよく話をする。
またストラの正体も気が付いているようで時折、彼に謎めいた言葉を発する。



正体はオリジナルの天使。
幼体のまま冷凍睡眠していたが18年前フラーマ?の手によって目覚めた。
甦生の呪文は天使の力の一部である。

科学者オフィーリア(の一族)は彼女のコピーであるが力の一部分しか継承しておらず完全なコピーとは程遠い。
滅び行く地上の楽園を救うべくストラ達と共にアランに立ち向かう。


魔導術を行う際の紋章はセフィロトの樹。
セフィラの構成によって10人の神の力を扱うことが出来、その守護天使を召喚できる。
第六のセフィラの守護天使ミカエルはルシフェルと同様にアルカディアに存在するため召喚不可能。
11番目の隠されたセフィラ「ダアト」召喚の際は耳の後ろに2対、背中に4対の翼を生やした姿で登場する。