※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

C++に関する情報


STLについて

STL(Standard Template Library:標準テンプレートライブラリ)とは,さまざまなオブジェクトを保存するコンテナと
それにアクセスするためにつかう反復子(iterator:イテレータ)、コンテナの内容を操作するためのアルゴリズムからなります。
コンテナには、vector,list,map,stack,queue,setなどたくさんあります。

このSTLには、スタック、キュー、リストなどのデータ構造がテンプレート化されているので、
STLを使うことで、基本的なデータ構造(リスト・スタック・キューなど)やアルゴリズム(ソートや値の検索など)を
自分で実装する必要がなくなるのでぜひSTLは使えるようになっておきましょう。
特にプログラミングコンテストだとstring, vector, map, set, stack, queue, priority_queueあたりをよく使います。

リファレンスはC++リファレンス(外部サイト)が役に立ちます。




















...