※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鋼鉄の咆哮 ◆XkQ1qdE.bE


「訳判んねー」
これがあたしの感想だった。
そりゃいきなり殺し合いをしろとか言われても判るわけがない。
それにグラーフアイゼンだって……どこ行ったのか判らない。
何でこんな事になったんだ。誰かあたしに説明してくれ。

……なんて、愚痴を零しても仕方無い。あたしは支給品を確認する事にした。
中に入っていたのはまず、なんか爆弾みたいなのが五つ……これで一セットって訳だな。
説明書には「音と光で相手を無力化する兵器、所謂スタングレネードです」と書いてある。
…………アイゼンゲホイルみたいなもんか? よし、次。
次に出てきたのはハルバードだ。柄がアイゼンみたいに長いな……。
でも慣れてる長物で助かった。ハンマーじゃなくて刃物だけど、これで襲われた時に対処しやすい。
更に他には何か、と確認すると出てきたのは……なんだこりゃ。セーラー服……?
説明書には「北高の女子生徒用制服です」と書かれてある。どこだよ、北高って。
とりあえずかさ張るし、ハルバード以外の道具は袋に入れておいた。

これからどうするか……。
いや、答えは最初から決まってる。はやてを捜さないと。
こんな殺し合いがどうとか言われて、混乱しないはずが無い。
はやては優しいから……だから、あたしが護らなくちゃならない。
人を殺してでも生き延びようとする奴がいたら、あたしが倒すんだ。
そうだ、はやてを護る為にあたしが……人殺しになっちまった奴らを……。

……大丈夫、落ち着け。あたしには出来る。ベルカの騎士なんだから。
それにここには、はやてだけじゃない……なのは達もいるんだ。
あいつらに降りかかるかもしれない火の粉は払わないと。
そうなんだ、あたしがそうしなきゃいけないんだ。
そうでもしないと、ここでは何が起こるかわかったもんじゃない。
……そうなんだろ? ギガなんとか!


……と、あたしが決心を固めた瞬間だった。
あのとんでもない奴が来たのは。



「ヴルぁァアアアアア゛ア゛ア゛ア゛ッッッ!!!!」

本当にそれは突然だった。突然辺りに奇声が響いた。
更にその妙な叫びが合図みたいに、あたしがさっき立っていた位置に衝撃が走った様だ。
同時に鉄が鉄をぶッ叩いた様な音が響く。これは相当な攻撃だ、耳を劈く音が威力を物語ってる。
だけど、咄嗟にバックして回避したおかげであたしは助かった様だ。
多分運が良かった。ありきたりだけど「後数秒気づくのが遅かったら死んでた」と思う。
殺意を込めて攻撃を放ってきた相手が、まさかここまで気配を殺して近付いてたなんてな。
あたしもちょっと平和ボケしてたか……? だけど、丁度良い。
速攻で勝てるかどうかは判らねーけど、このグラーフア……じゃなかった、ハルバードで……倒す。

「随分と戦い慣れているのだね……ならば本気で行こう。Amen」
男がさっきとは打って変わって、落ち着いた声で何か言った。
そして言葉と同時に相手が右手を高く上げた。月明かりに相手の得物が照らされ、光る。
何を持っているのかをあたしが理解する暇も与えず、そのまま男は肉薄してきた。
命知らずな突撃のおかげで加速した、相手の右手の何かをハルバードで受け止める。
すると、まただ。またあの耳を劈くような音が聞こえた。

その時やっと判ったんだ。相手の得物は何の変哲も無い”鉄パイプ一本だけ”だって事に。

まさか……冗談だろ? こんな物であんな激しい攻撃をしてたのか!?
嘘みたいな話だけど、でもあたしが今そんな馬鹿力の人間と戦ってるのは現実だ。
こんな奴と鍔迫り合いを続けるわけには行かない。あたしはすぐにバックステップで距離を置いた。
さぁこれからどうする。逃げるか……いや、でも……。

馬鹿かあたしは! 敵を倒すと誓ったばっかりじゃないか!
はやてが身の危険に晒される前に摘み取らなきゃいけないんだろ!?
はやてが死んじゃったり、笑わなくなったりしたら一番困るのはあたしだろっ!?
よし、決まりだハルバード! お前を存分に振るってやる! このあたしにこんなに大事にされる事に感謝しろよ!
その代わり、あんな鉄パイプなんかに音を上げたら承知しないからなっ!!
あたしは意を決して接近。そのまま跳躍し、ハルバードを相手に振り下ろそうと振りかぶった。

…………それがまずかった。


「え……?」
あたしが男の構えの変化に気づいたのは跳躍した後。
右じゃない、左腕をこっちに向けていた。相手の腕の先にあったものは……筒?
月明かりで照らされて、男が笑みを浮かべた事に気づく。
……それが、あたしが最後に見たこの男の姿だった。


「ドォゥゥゥカァァァァアアアアアアアンンッッッ!!!!」


男が叫んだ瞬間、あたしの体に何かがぶつかった。
あたしにぶつかったのは見えない何か……一体……何だ、これ。
まともにくらった所為か、痛い。
「うあッ!」
何かの塊みたいな何かは、漏れた叫びを無視してあたしの体を容赦なく吹き飛ばした。
空中でくらったのがまずかったのか、そのままあたしはボロ切れの様に飛んでいく。
吹っ飛ばされた先に地面が無いみたいだ。上にも下にも右にも左にも地面は続いてない。
つまり橋の上から吹っ飛ばされたって事……当然落ちる先は川だ。完全に不用意だった。

……痛みに耐えて冷静に考えてみたけど、それもここまでみたいだ。

橋が視界から消えた。あたしの体が川へと沈んだ所為だ。
力を振り絞って浮き上がり、気合で離さなかったハルバードを袋に入れる。
泳いで岸へと移動したかったけど、突然の痛みと水の冷たさで体が思うように動かない。
これって、溺れて流されてるって言うんだよな……?

やば……死ぬのかな、あたし。
それに……なんか……景色が、遠のいてき……た……。

はやて……ごめ、ん…………。



「死んだか?」
そう呟いたアンデルセンは、流されていくヴィータを案外あっさりと見失っていた。
深夜での外の暗さと水の流れによる作用だろう。完全に滅殺出来たか確認できない事を彼は残念がった。
だが、まあ良い。次に会った時に滅してしまえば良いだけの事なのだから。
心中で呟きつつ、アンデルセンは両手の得物を比べるように眺めた。
鉄パイプと空気砲、これがヴィータに奇襲を行う前に袋を開いた結果。
自分の最も得意とする武器ではなく、全く違うものが出てきてしまったと言う現実がそこにある。

まず浮かぶ言葉は「忌々しい」。
もしもバヨネットが、愛用の銃剣があればあの小娘を抹殺出来たと言うのに。
鉄パイプであった事の不運に、悔しさを飛び越え憤りすら覚える。
だが一方で感謝もする。左手に装着された空気砲とやらの性能は、なかなか目を見張るものがあった。
「”ドカンと叫べば空気の塊が発射され、相手を吹き飛ばす”……素晴らしいではないか」
戦闘能力、こと接近戦に重要である「間合い」を理解している自分なら、これは非常に利用価値を生む。
バヨネットを手に入れれば世話になる事も無くなるだろうが、これは良い。

喉を鳴らすように笑みを浮かべ、アンデルセンはその場に座った。
鉄パイプをいつでも構えられる場所に置き、再び袋を開く。
ランタンを取り出して辺りを照らし、地図とコンパスを手早く取り出す。
そしてコンパスの針の向き、地図をじっくりと確認した。
「B-3……」
アンデルセンが今いる場所は地図で言うと「B-3地点の橋の上」である。
ここから浮かび上がる選択肢は、西に行くか東へ行くか。
しかし西には大した物は無い。学校と駅があるが、ただそれだけだ。
「ならば、東だ」
東の方角には様々な建物がある。近い場所では映画館に図書館、病院と三つもの建物が点在している。
ならば人の集まるであろう東方向に行くべきだろう。アンデルセンはこう判断した。
本人には知る由も無いが、東には確かに人間が沢山いる。彼の読みは確実に当たっている。

「我は神罰の地上代行者。我が使命は全ての悪を塵に滅する事。
 即ちこの世界を生み出した悪を滅する為、全ての存在を滅する事……Amen」

立ち上がり、呪文の様に唱える。
それはこの世界全てに対する敵対宣言であった。

彼は東へと歩き出す。塵を塵に帰す為。全ての存在を滅する為に。



「はぁっはあっ……ここは……うっ、げほっげほっ!」
咳き込みつつ、あたしは目を開いた。死んでなかった、助かった。
本当に良かった。ずぶ濡れになっただけで済んだんだ。ここまで悪運が強いなんてな。
とりあえず肩で息をしつつ、あたしは辺りを見渡した。
「どこだよ……ここ……」
急いで袋を開く……前に濡れた手を袋でよく拭いて地図を取り出す。
凄い、全然中のものは濡れちゃいない。って、感心してる場合じゃない。
辺りの風景と照らし合わせる。北を向くと、川が分岐しているのがわかった。
そうか、ここはこの地図で言うC-2……丁度川の分岐を生む岸に流れ着いたみたいだ。

でも橋で会ったあいつ、なんて強さだったんだ。
あの変な筒とただの鉄パイプだけでこのあたしに互角以上、いや……あたしよりも強かったかもしれない。
この状況じゃ……独りで戦っても負けるだけか。一対一ではベルカの騎士に負けはねーはずだったんだけど。
もしかしたらあんなのがまだ沢山いるのか? 更に強い奴が人を殺しにかかってたりするのか?
……まいった。独りで戦うなんて馬鹿な事、考えないほうが良かったかな。
こうなったら信頼できる人間を捜す事も頭に入れないとな。そしてもう一回あの男を倒してやる。

「ベルカの騎士は……こんな事じゃ倒れねぇっくしょん!!」

盛大にくしゃみが出た。寒い。当たり前だ、全身がずぶ濡れなんだ。
どうしようかと考えていると、ふと思い出した。
「そうだ、北高とかいう学校の制服があった……」
とりあえず着替えないとな。風邪ひいて動けなくなるわけには行かないし。
ずぶ濡れでも服脱いで適当に水気取れば大丈夫だ。濡れた服のままより十分マシ!
よし、思い立ったが吉日だ!

……誰も来ませんように。


【C-2川の分岐点の岸・1日目 深夜】

【ヴィータ@魔法少女リリカルなのはA's】
[状態]:疲労、空気砲のダメージが現存、ずぶ濡れ
[装備]:無し
[道具]:支給品一式、ハルバード、スタングレネード(残り五つ)、北高の制服@涼宮ハルヒの憂鬱
[思考・状況]
1:北高の制服に着替える
2:信頼できる人間を捜し、PKK(殺人者の討伐)を行う
基本:元の世界の仲間を探す(八神はやてを最優先)


【B-3橋・1日目 深夜】

【アレクサンド・アンデルセン@HELLSING】
[状態]:健康
[装備]:鉄パイプ、空気砲@ドラえもん
[道具]:支給品一式
[思考・状況]
1:東方向に向かい、出会った人間を滅殺する
基本:ゲームに勝利し、ギガゾンビを滅殺する


※ダメージの程度
体は動かせますが、暫くの間は痛みによる身体能力への枷が発生しています。
※空気砲の威力
威力がいくらか制限されている様です。



時系列順で読む


投下順で読む


ヴィータ 66:悲劇
アレクサンド・アンデルセン 61:神父 アレクサンド・アンデルセン




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー