※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タチコマ


[名前]タチコマ
[出展]攻殻機動隊S.A.C
[声優]玉川紗己子
[性別]無し
[一人称]僕 [二人称]君 [三人称]彼ら、~さん達
[能力]
右腕にチェーンガンが固定装備されており、口に見えるパーツはグレネードランチャー
で普段はカバーがかけられており人の手でカバーを外さないと発射不可能。
光学迷彩、機体各部にワイヤー発射装置、脚部は可変型のタイヤ、
2メートルの大男でも中に入れる操縦席である後部ポッド、
ネットワークへダイブするためのエージェント機能等を装備している。
また装甲も小口径のライフル弾を弾く強度がある。
ただし、数発被弾すると装甲がへこみ機関砲等の射撃は簡単に貫通してしまう。
機動力は高く、ワイヤーアクションや高速道路での戦闘もこなせる。
AIを搭載しているため自立行動が可能。
[性格]
妙に子供っぽい言動と性格である、だが兵器であるため基本的に上司の命令には服従し
人を殺すことには禁忌感を持たない。ただし、勝手に行動して女の子の友達を持つなど
彼らの人工知能は常に経験を求めており、最後には自己犠牲の精神を持つまでに成長した。
草薙素子は少佐、バトーはバトーさん、トグサはトグサ君と呼ぶ。
なお、公安9課の中ではバトーに一番懐いている。
※専用機はバトーくんと呼ぶことがある。
[備考]
公安9課が保有する思考戦車と呼ばれる兵器で分かりやすく言うとロボット
カラーリングは濃い水色で人間よりはでかめのサイズである。
全部で9体おり蜘蛛型の足を持つ。本来記憶は並列化されており個性を持たせない
仕様であったが二期では各機は個性を持たされるようにもなった。
なおバトーはこの内の一機を専用機にしており天然オイルを与えるなど、
並々ならぬ愛情を注いでいる。

なお、「タチコマな日々」なる本編のパロディが存在し、フチコマやジェームス型の義体がゲストとして
登場するもののタチコマだけで進行する。そこではスパイーダーマンやジョジョ、マジンガーZ等のネタ
が多用されており、本編でも「角を付けたら専用機~」なる会話があるため、ネタやギャグを豊富に持っている
のはそのためである。



【本編での動向】
錯乱する龍咲海を発見、交戦し彼女を捕獲するも水銀燈に海を射殺される。
後に水銀燈のコンプレックスを指摘し交戦、ガンダムハンマーで水銀燈を吹き飛ばし勝利、
E-5に龍咲海の墓を立て雨を降らし、その場から離れる。
その後駅を探索してから、D-7で気絶していたフェイトを発見する。
フェイトと共にカルラの遺体を埋葬。その後精神的疲労の見られたフェイトを気遣い、温泉で疲れを癒すことに。
余談だが、機械であることを利用したフェイトとの混浴には、多くの読者を嫉妬の炎に燃え上がらせた。
草薙素子とバトーの死にも機械らしいドライな反応をするが……
寺にて竹槍トラップにあうなどのトラブルを経験するも、人探しを進めるうちにレヴィと遭遇。
情報の代償として銃器を提供し、F-8に取り残されたゲイナー・サンガを救出。さらにフェイトの親友である高町なのはの情報を入手する。
放送後、ゲイナーを搭乗させた事で「タチコマイナー」として活動を開始。
ホテル周辺と飛び回る存在をなのはと見て先行したフェイトを追い、人命救助目的でホテルへと移動。
そこでフェイトとルイズの激戦を目の当たりにし、
フェイトを援護する為にゲイナーから離れ、現場に急行。
そしてルイズの虚無魔法からフェイトを庇い、体が半壊。その直後、ルイズの追撃により止めを刺された。
彼の死は、フェイトのルイズに対する強烈な憎悪を呼び覚ます引き金になった。

支給品は龍咲海の剣、西瓜50個、 フレイル型モーニングスター

名前:
コメント:




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー