グロック26

骨川スネ夫に支給。拳銃の一種。
9mmパラベラム弾を用いる自動拳銃。装填は最大10+1、予備弾薬9mmパラベラム弾は110支給。
全長160mmと小型で軽量なのが特徴(コルトやマグナムよりも100mm近く小さい)。
有効射程は他と大差なく50mほど。
グロック系自体は軍、警察用として広く採用されているため映画など目にする機会は多い。

コルトM1917

野原しんのすけに支給。銃の一種。
現在はヘンゼルが所持。弾丸、予備弾薬の詳細は不明
大型の45口径を用いるリボルバー式拳銃。装填は6発。フレームは有名な44マグナムと同じ。
日本警察でニューナンブ以前に正式採用されていた為、馴染みが深いかもしれない。

ニューナンブ

野原しんのすけに支給。いわゆる拳銃のことで、現実世界で警官が持ってるアレ。
38口径のリボルバー式。弾丸は最大5発装填、予備弾薬の有無は不明

手榴弾

野原しんのすけに支給。
ピンを引き抜き、相手に投擲する事でダメージを与える爆弾。
爆破するものは勿論、鉄片を飛ばして攻撃するものも存在している。
小さな体に意外なまでの幅広いジャンルを秘めている。

イングラムM10

ゲイナー・サンガに支給。
本家ロワで桐山が使用した「ぱららら」でおなじみのサブマシンガン。
予備弾薬もセットで支給されている。
9mmパラベラム弾を用いる短機関銃。小型なためフルオート射撃時の制御が難しい。
有効射程は命中精度を考える15mほど。アメリカでは個人携帯が可能なほど一般的。

RPG-7

石田ヤマトに支給。
スモーク弾が装填されている。弾頭は榴弾×2、スモーク弾×1、照明弾×2。
うち照明弾一つはぶりぶりざえもんに渡している。
歩兵携帯用の対戦車榴弾砲であり、威力は600mmの装甲板を貫通するほど。
発射時の後方噴射が激しく、射手の位置が判明しやすいため、別名スーサイドウェポン(自殺兵器)と呼ばれる。
砲身内部に弾を装填するのではなく、砲の先に弾頭をセットして使用する。
本体重量は7kg。弾頭が2.6kgと結構重い。最大射程は通常約1kmで弾頭が自動爆発する。
300m以内での砲撃が好まれるが、誘導装置はないため、目標に当てるには熟練を要する。

スタングレネード

ヴィータに支給。
見た目は手榴弾の形をしているが、火薬や鉄片の射出による肉体的な攻撃ではなく、
破裂と同時に起こる強烈な閃光と大音響によって敵を無力化する非殺傷兵器である。
これをくらった相手はショックにより数秒間昏倒し、無力化してしまう。
だが人命に影響する怪我や後遺症は一切起こらない為、人体に優しい兵器であると言える。
また、周囲にいる者の視覚と聴覚を奪って状況判断が不能とさせる物とよく誤解されるが
実際は相手を昏倒させるのが正しい効果であり、相手にそういった枷を与える兵器ではない。

ワルサーP38

野比のび太に支給。銃の一種。
彼にとって射撃武器は絶好の獲物である。※ルパン三世の出典かも
残弾、予備弾薬の有無は不明。9mmパラベラム弾を用いる自動拳銃。装填数は8+1発。

ベレッタM92F

水銀燈に支給。拳銃の一種。
最大15+1弾まで装填可能、マガジンは15発×4個支給。
9mmパラベラム弾を用いる自動拳銃。米軍正式採用拳銃なので映画など目にする機会は多い。
レヴィが原作で使用する銃『ソードカトラス』は、この銃のカスタムモデルである。

ウィンチェスターM1897

音無小夜に予備弾30発とセットで支給。
正式名称は「Winchester Model 1897」
アメリカのウィンチェスター(Winchester)社が開発したポンプアクション式散弾銃。
3発以上の装弾数を持つ散弾銃の元祖といわれ、民間はもちろんのこと軍隊や警察などでも使用された。
全長は985mmで重量は3.3kg、口径は12ゲージ。装弾数は5発である。

銃火器予備弾薬セット

ガッツに支給。
色々な銃火器に対応している模様。200弾用意されている

マイクロUZI

グリフィスに支給。いわゆるサブマシンガン。
装填数は50で、予備弾薬は50×1つ

コルトM1911

井尻又兵衛由俊に支給。実在する拳銃で、通称は「ガバメント」
大型の45口径弾を用いるため、マン・ストッピング・パワーは高い。
ちなみに、銭形警部愛用の銃である。最大7+1弾まで装填可能。

ミニミ軽機関銃

グレーテルに支給。
5.56mm NATO弾を使用するミニマシンガン。
現実の戦争などでも多用され、信頼度と射撃性能について優れた評価を受けている。
軍用ジープなどに搭載して使うことも可能。
詳細 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%9F%E8%BB%BD%E6%A9%9F%E9%96%A2%E9%8A%83(Wiki)

S&W M19

長門有希の支給品。
次元大介の愛銃であり、本家バトルロワイアルにも登場した。
装弾数は6発であり、「コンバットマグナム」の愛称で呼ばれる。

FNブローニングM1910

翠星石に支給された。
こちらは峰不二子の愛銃である。
女性の護身用拳銃としても人気が高い一品。

AK-47(カラシニコフ)

バトーの支給品。
AK-47はカラシニコフ銃と呼ばれる銃の中で最も初期のアサルトライフルである。
弾倉は30発であるが高圧ガスによって連射が可能であり、一分間に600発以上の速度で射撃ができる。
さらに、予備弾薬の専用マガジンが9セット付属している。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー