携帯アプリレビュー

   レビューメニュー

携帯アプリ攻略

   攻略メニュー

Androidアプリ攻略

   攻略メニュー

PCフリーゲーム攻略

   攻略メニュー

指摘などありましたら

こちらにて投稿してくださると
助かります

コメントページ


訪問者数

 総訪問者数: -
 今日の訪問者: -
 昨日の訪問者: -


     トップページ
     リンク

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロッコちゃん 攻略

公開サイト様 : 王の巣窟
http://king-soukutu.com/
掲示板の雑談スレでの作者様の言(81番目のレス)によるとプレイ動画の配信などOKとのこと。

注意。
●ジャンプはダッシュしながらだと横幅が出る代わりに高さが出なくなる。
●ダッシュは横にすばやく2回押しても出る。
●E缶や武器の決定はX(ショット)ではない。これだとキャンセルになる。
●特殊武器のENは6ボスのステージ間では全て回復するが、マッドステージの間では残量がそのまま持ち越しになる。
●相性にもよるだろうがノーマルショットでクリアが一番困難なのはフォレストマン。次はジェットマン。それ以外はゲームに慣れれば難しくない。


特殊武器解説
I.SHIELD
使うと周囲に結晶が現れ、もう一度ボタンを押すと結晶の輪を発射する。周囲に現れている時に敵に接触するとダメージを与えて消える。また、これには敵の弾を相殺する能力があるがほとんどの場合は1発受けると消えてしまう。そうでない時もあるが。燃費が悪く他の武器のように連発はできない。また、あまり威力はない。
L.FLASH
貫通性能のある弾を発射する。シールドを持っている敵にも有効。メットタイプが閉じこもっている時はきかない。
F.WHIP
鞭をふるう。近接武器でリーチが短いが、出始めに斜め上にも判定がある。
L.MISSILE
追尾能力のあるミサイルを発射する。
V.CANNON
敵か壁に接触するとその場で爆風が発生しダメージを与え続ける。メットタイプやシールド持ちの敵に先に当ててから接近すると便利。あまりないが迎撃可能な弾が複数来た場合にも有用。
R.RING
斜め上、正面、斜め下の三カ所にリングを飛ばす。壁に当たると反射する。あまり威力はない。


各ステージ解説
ボルケーノマン
ステージ
  • 下から飛び出してくる敵のうち最初の3つはダッシュジャンプで潜り抜けられる。
  • 上に登るステージは途中で回復や1UPがある。最初に梯子を上って右上にある回復はその左斜め上の足場にヘルメットタイプの敵が待っていることに留意しないといけない。倒さずにここに乗る時はダメージ覚悟であり、ジャンプが浅いと下に落とされる。その左から梯子を上り小さな足場を右上に登っていくと1UPがある。これを取ろうとすると寄り道になる為行くのも戻るのもかなり急ぐ。さらにその後も遅れを取り戻すためにダッシュをかけ続けなくてはいけないのだが、突撃してくる敵が二体出現する。特殊武器で早々に倒すかダメージ覚悟で突っ切るかしないとすぐにマグマに追いつかれる。
  • 消える足場の二カ所目は最後の足場へのジャンプがネックになる。ブロック端から通常ジャンプしようなどとは考えずダッシュジャンプをすればよい。
  • E缶はB.JETを使えないと取れない。
ボス
I.SHIELDが有効。周囲に出ている時はいくらここのボスの弾を受けても消えない。その為、敵の弾を防ぐ、飛ばしてぶつける、を繰り返せば楽勝。ただし燃費の悪さから残量MAXの時でも1発無駄にするだけで敵を倒す前にEN切れになる。
攻撃パターンはジャンプをして上からこちらを狙って岩を1発撃つ、三種類の岩の発射のどれか、の繰り返し。常に端から端を跳んで往復する。
ジャンプ攻撃の方はダッシュし続ければ当たらない。
真横に岩を三発撃つ場合は大きく上に飛んでも二つまでしかかわせないため二回ジャンプする必要がある。
他には画面内に収まる範囲で複数の岩を放物線を描くようにランダムに打ち上げて降り注がせる攻撃、そして画面外へ向けて真上に複数の岩を飛ばしランダムな位置に真っ直ぐ降り注がせる攻撃がある。どちらも岩の軌道を見極めて移動する必要があるのだが、この降ってくる岩だけに注意していてはいけない。次にはこちら狙いの岩がくるからである。そのためダッシュ先が打ち上げられて降ってきた岩からの退避先になるように合わせなくてはならない。ランダムなおかげでそこまでしなくてもかわせる場合もあるが。

ホッケーマン
ステージ
  • 一部の床が滑る。この慣性はジャンプすれば打ち消される。
  • 白熊型の敵はこちらの位置に合わせて放物線を描く弾を一発投げてくる。密着して連射すれば即行で倒せる。
  • 中ボスは蓋を開いた時だけダメージが通る。最初はその場で氷を飛ばし、次いで画面端まで接近して氷を飛ばし、次いで戻ってジャンプし氷を飛ばすというのがパターン。左画面端まで離れて氷をかわし続けるのが安全だが、これではこちらの攻撃もほとんど当てられない。ノーマルショットなら体当たりが来る時以外は前進して攻撃した方が良い。
  • 中ボスの後のステージでは氷柱が上から降ってくる。これは接近しただけで降ってくるので、自信がなければぎりぎりまで近づいて待っているようにしよう。また、氷のような足場は一度乗るとしばらくしてから崩れる。最初の1UPはこの両方があるため取るのが難しい。取りたければまずは氷柱を落としておく。そして右端に着地すると同時に左ダッシュをかけすぐ様右ダッシュをかけて戻りジャンプしてブロックに乗ればよい。他にも上のブロックから斜めジャンプして空中から1upに斜めにまっすぐ落ちてすぐに小刻みなジャンプをして右端に移動し脱出してもよい。この氷柱が落ちてくるステージは氷柱を無視してダッシュとダッシュジャンプだけで進むことも可能。
ボス
L.FLASHが有効。
攻撃はパックを投げるのと体当たり2種がある。
パックは壁に2~3回反射する頃にはスピードも落ちて消えていく。投げてくる回数は1回だけの場合もあれば3回くらいのこともある。これにばかり気をとられて体当たりを受けないようにしよう。
壁に反射する体当たりは行う前にその場で足を動かしている。気づかなければただの通常行動に見えるかもしれない。体当たりは最初は立った状態で当たり判定もあるが、しばらくするとスピードも落ちそれに伴い中腰になって結晶をまとい攻撃がきかなくなる。
もう一つの体当たりは最初にしゃがみポーズを見せる。その後体当たりをおこなうのだが、こちらは壁にぶつかるとそのまま止まって氷のようなものを散らせる。この氷は斜めにも飛ぶため、壁際からかつ遅いジャンプでかわそうとすると当たってしまう。ただし真上には飛ばないためかなり遅いジャンプでボスを乗り越えられた場合でもかわせる。
普段はパックや反射する体当たりの往復が怖いので壁際にいるのが有効だが、しゃがみポーズをみせた時だけは少し壁から離れておこう。
L.FLASHだとしゃがみ状態でもダメージが通る。

ジェットマン
ステージ
  • 下から吹き付ける強風に乗っている時はジャンプボタンを押しっぱなしにしているとより高く上がる。より高い位置からこのファンの上に乗るとその分下まで沈む。また、上手くダッシュジャンプと下からの風を組み合わせるとかなり高くジャンプできる。
  • 途中の1UPは床の端からぎりぎりの位置でダッシュジャンプすれば届く。
  • 途中のドゲを下からくぐる場面では自機の頭がトゲを下回ってから素早く右に移動しても十分間に合う。そうしないとくぐる以前に横からの接触ミスで最初からやり直しである。
  • 飛行メカの間を飛び回るゾーンでは最後にメカが画面上端まで来たところでジャンプすればE缶が取れる。
ボス
F.WHIPが有効。
横への体当たり、高度からの自機狙いの体当たり、横へのミサイル発射、上と横へのミサイル発射、上へのミサイル発射の5つのパターンがある。ミサイルは追尾能力を持っている。
横への体当たりは高さが微妙に異なり、くぐりぬけられるときとそうでないときがある。無理だと思ったらジャンプしよう。
高度からの体当たりは自機狙いで降下してその後上昇していく。その為左右の距離によって多少変わるが基本的にひきつけて後ろに移動するのが有効。こちらと敵が左右の端に分かれているくらい離れているならタイミングさえ見計れればジャンプで飛び越えられる。ほぼ真上にいるならダッシュで潜り抜けてもよい。
ミサイル攻撃はノーマルショットでも潰せるので横撃ちは迎撃もボスへの攻撃も簡単である。
問題は上からのミサイル攻撃である。こちらもひきつけと横への移動が有効だがその後に横への体当たりがきたりするので結構な演算が要求される。

ローリングマン
ステージ
  • ステージ全体に浮遊感がある。
  • 緑の機械の上に乗るとステージが回転する仕組みになっている。
  • キャッチャータイプの敵は近づくとクレーンを下してくる。捕まるとつまみ上げられるが少しの間だけなので捕まった時の距離のひらき次第では最後まで持ち上げられない。
  • アダムスキー型の敵は上下から左右に直角に曲がる弾を撃ってくる。こちらがいる上下どちらかに垂直に発射し自機との高さが合うとこちら狙いで左右に曲がる。その為発射のタイミングに合わせて上下位置が変わると弾は垂直方向に消えていく。
  • 下に降りていく縦長のステージは一番下まで真っ直ぐ落ちてもよい。
  • 列車型の足場は壁に接触すると向きを変える。先頭に乗っている時はいいのだが、後続に乗っている時に向きが変わると自機が先頭車両の先端に乗り上げてしまう。また、灰色の敵がトゲの上を移動している場合、高さの関係から先頭車両に乗っている時はダメージを受けないが、後続車両に乗っている時はダメージを受ける。ちなみに車両型の足場がいるトゲのうち最初の一つ目はぎりぎりのダッシュジャンプで跳び越せる。飛んでいる敵を一度画面に出さないと迎撃されるのでタイムアタックにも使えないが。
ボス
L.MISSILEが有効。
攻撃は3種。リングを飛ばす、回転体当たり、空中でのショット乱れ撃ちである。
リングは3つ発射され、壁に当たると反射する性質がある。いつも同じ方向への発射で、真横1つ、やや垂直方向寄りの斜め前方が上下1つずつである。
体当たりも壁に当たると反射する性質を持っており、最初は必ず前方斜め上へ飛び出す。
乱れ撃ちは弾速が遅いので見極めは難しくない。
攻撃の後は必ず地面に降りて小さなジャンプで寄ってくるので狭い方からより広い方へダッシュするよう意識しよう。
厄介なのはリングの軌道計算くらいであろう。他は怖くない。

フォレストマン
ステージ
V.CANNONとL.FLASHが便利なステージ。
  • 盾を持った敵は三発当てないと倒せない。接近してしばらくすると竹やりのようなものを3発投げてくる。隙が少なく弾も回避しづらいのでできれば相手をしないで通り抜けるか特殊武器を使うかした方が良い。ノーマルショットの場合はちまちま削るしかない。相手が動く前から密着して連射すれば削っていない相手を何もさせずに倒せることもある。が、大抵は1発食らってしまう。
  • 最初の盾持ちの敵のすぐ後には草つきのメットを被った敵がいる。見えにくいので注意しよう。
  • 岩が迫ってくるステージでは壁を壊して右に進んでいき潰される前に水に入らなくてはいけない。盾を持った敵は無視してダッシュジャンプするか特殊武器を使おう。破壊対象のブロックは特殊武器を使うとより安全に進める。おすすめはL.FLASH。盾持ちの敵も2発で倒せる上にブロックも自機が通れるだけの高さを壊してくれる。
  • 中ボスは龍の頭部が弱点。下の動力部ではない。
  • 後半は蔦につかまり崖越えをしなくてはならない。上キーで掴まり、左右で遠心をつける。近い足場に対し遠心をつけすぎたジャンプをすると着地が難しくなるので注意。左右に攻撃はできる。掴まっている状態でダメージを受けても落下はしない。途中のE缶は十分な遠心をつけた蔦からのジャンプを繰り返していけばとれる。ただ、下にいるラフレシア状の敵が飛ばす虫型の敵が厄介なのでできるだけ素早く飛び移っていこう。もし失敗したりして下の足場に落ちてしまった場合、かなりぎりぎり端からダッシュジャンプすれば左の蔦に戻れる。残機を失う覚悟がなければ挑戦しない方がよい。
ボス
V.CANNONが有効。
ジャンプして着地と同時に蔦をふるう、虫を呼ぶの2つが主。どちらもある程度歩くと行うのが普通だがたまに間をおかずにおこなうことも。歩きは壁に接触すると反射するかのように逆向きに続ける。
ジャンプは小さく跳ねるのとそれなりの高さの二種、またそれぞれ間合いに関係なく斜め上に飛ぶ場合と間合いを一気につめてくる場合がある。蔦をふるうと地面からも蔦が伸びてくる。これはショットで消せる。蔦を出した後はそのままの進行方向に少し歩き出す。
虫型の敵は複数おり、一呼吸おいてから寄ってくるのでボスとの挟み撃ちにされやすい。こちら狙いで飛んでくるのでひきつけてから迎撃するなり回避するなりしよう。
基本戦術としては中距離攻撃をおこない、敵がジャンプする寸前に合わせて近づいていきジャンプしたらダッシュで潜り抜け背後から攻撃。虫を呼ばれたら高度な演算をしろとしか言えない。
単純なようでノーマルショットでの攻略が難しいボス。素直にV.CANNONを使うのをおすすめする。

ライトニングマン
ステージ
  • 上下の機械は画面に登場してすぐに電気を通すが、わずかに間がある。ダッシュとダッシュジャンプを繰り返し続けているなら先に通り抜けることも可能。
  • 上から降ってくるブロックはその上に乗れる。潰されても即死ではないがダメージは受ける。
  • 床が電球になっているステージでは提灯タイプの敵が電気を発すると光りステージも明るくなる仕組み。1upを取ったらダッシュジャンプで脱出しよう。
ボス
R.RINGが有効。
こちらに向かってジャンプしたうえで飛び道具、壁に張り付いて飛び道具を3つ、地面の上で揺れて飛び道具2発、上から電気を落としそのまま地面に、の4つの攻撃がある。
ジャンプしての飛び道具はこちら狙い。距離で対処が変わる。距離が短いなら上に飛んだらすぐに連続ダッシュで潜り抜ける。距離があるならジャンプでかわす。弾速がかなり速いのでジャンプでの回避はタイミングがシビア。
壁に張り付いての飛び道具もこちら狙い。上下の範囲が広いが地上のこちらに対して斜めに飛んでくるのを後ろに通常ジャンプすればなんとかかわせる。こちらがステージの中間にいる時は後ろにダッシュジャンプでもよい。
地面の上で分身したかのように揺れるとその後に飛び道具を2発撃ってくる。ジャンプでまとめてかわせるがタイミングが読みづらい。だいたい1~2秒後に飛ばしてくる。
上からの電気は敵に落ちるとそのまま左右の地面に流れる。電気がボスに落ちるのに合わせてジャンプしよう。
基本戦術は敵がジャンプして飛び道具攻撃をしてくることを念頭に置いて地上攻撃。後は個別対応。

マッドステージ1
ステージ
  • 軌道に沿って動くリフトの地帯をジェットで一気に越えようとすると途中でリフトに接触してジェットから落ち即死になる。無理はしないように。E缶はリフトからジャンプして上から取る。その目の前は穴であり、その次は高台になっている。E缶を取ったら後ろのリフトにダッシュジャンプで戻るか、その場でジェットをジャンプして乗れるぎりぎりの位置に呼び、これに乗ってすぐに斜め前方へジャンプする。
ボス
黄色の方(ランケア)はL.FLASH、灰色の方(フランシスカ)はR.RINGがきく。
黄色の方は盾を持っており頭部か背後からか突進で盾を使っていない時でないとノーマルショットが通じない。
黄色の方は上空に飛びあがってこちら狙いの体当たりするか横に体当たりするかのどちらか。灰色の方は飛び上がって斧を投げるか地面の上で斧を投げるかのどちらか。武器の当てやすさから考えて先に灰色の方を倒そう。黄色の敵には横の体当たりを警戒しながら対処するとよい。

マッドステージ2
ステージ
  • プレス機のあるステージの壊せるブロックは特殊武器を使うと壊しやすいが、2回目の時は一番下の列まで壊すと進めなくなるので注意。
  • E缶はトゲをかわしながら落下するゾーンを右側に進む。
  • 水中の回転リフト地帯をジェットで進む場合、最初は下側を進んで次のリフトの地点で一度ジェットを乗り捨てる。そして今度は天井のトゲ近くを飛んでいくようにすればよい。
ボス
三か所から飛び道具を飛ばしてくる。ある程度攻撃した後は体当たりで左右の位置を変える。三か所を潰すとクリア。
これといってよく効く武器はないようだ。

マッドステージ3
ステージ
  • E缶はジェットで取る。
  • 1UPはジェットを高い位置に出してその上でジャンプして取る。
  • 中ボスは範囲の広い飛び道具を撃ち続け、そのうち小さな玉を連続で撃ち、最後に小さくなって逆方向に移動する。この繰り返しである。大きなときは中心部が、小さなときは全身が当たり判定。
  • パワーローダーのようなものはショットで壊せる。しかし壊すより利用した方が便利である。敵が乗っているものも敵だけを狙って倒せばパワーローダーを残して消えるのでこれに乗ることが可能。ラストは乗り捨てジャンプしないといけない。
ボス
F.WHIPが有効。この武器なら各マシン2発ずつで潰せる。これ以外の特殊武器は通じない。
ランダムにマシンが蓋を開けるのでそれを攻撃する。早めに攻撃すればそのまま蓋を閉じるが遅いと飛び道具を出してくる。段々早くなってきて後半は2つくらい同時に攻撃してくるので1つにばかり気を取られているといつのまにか体力がなくなることに。
6つとも倒した後も少しだけ自機を動かせる。次のステージがあると思って下の穴に飛び込まないようにしよう。

マッドステージ4
ステージ
  • 少し進むとお約束のボスラッシュ。倒すと体力回復の大きい方を出す。ボスが転送装置にいる時に倒すとアイテムも転送装置の上に落ちる。取る前に転送されないよう注意。もし転送装置の上で倒してしまった場合はジャンプして取ると安全。また、こちらが転送装置の上にいる時にボスを倒してしまった時も運よく転送されずに済んだなら下手に左右に動かずにジャンプしてから離れよう。成す術なく転送されたらご愁傷様としか言えない。
ボス
第一形態はV.CANNONが有効。
上部から放物線を描く炎の弾を順次降らせる、上部からこちら狙いの白い弾を2発撃つ、ドクロを開いて砲撃、体当たり、の4つの攻撃をしてくる。
炎の弾は潜り抜けで。
白い弾は左右上下の余裕次第でジャンプとダッシュを使い分ける。
口部からの砲撃は通常ジャンプで跳び越す。
体当たりは壁際のジャンプでかわせる。
体当たりを警戒して左端にいるようにし、各種弾がきたら個別対応しよう。
第二形態はJ.MISSILEが有効。
放物線を描く炎の弾を一度に3つ降らせる、白い球を3発連続で撃つ、こちらを狙う砲撃、跳ねる弾の4つの攻撃をする。
炎の弾は隙間を予測して移動。
白い球はこちら狙いで弾速が速い。狙われた時の位置次第で回避方法がかわる為、上下左右の余裕次第でジャンプとダッシュと潜り抜けを使い分けるとしか言えない。高くジャンプしていたこちら狙いは勝手に消えていく。
口部からの砲撃は斜めに飛ぶようになったが結局跳び越しジャンプでかわせる。
跳ねる弾は単純に跳ねているので予測してかわせる。
各自個別対応し続ければOK。
第三形態はどの武器もそれなりに効く。
地面に落ちてから横に走る弾を落とす、こちら狙って飛ぶ弾を複数出すの2種類の攻撃。
前者は当然ジャンプで。
後者は上下左右の余裕次第でジャンプとダッシュを使い分ける必要がある。


雑魚も無視してさくさく進めるようになると40分を切れる。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー