※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔のアルカナ ディウー・モール -Dieu・mort-

毒の効果が特徴的なアルカナ。
相手の体力とゲージを減らす能力は地味だが確実に効果を発揮する。
毒の効果は攻撃を受けると解除されるため、毒を与えた後の立ち回りが重要になる。

アルカナ自身の属性効果はないため、プレイヤー本人の能力が特に重要視される。

ステータス補正・その他
攻撃 A  防御 B  ??? ○/○/○

属性効果
なし

必殺技
アンプワゾネ(地/空)
 236+D
自分の目の前の地面に毒霧を設置する。毒霧は一定時間で消滅する。
ヒットすると毒状態になり、相手の体力とゲージを減らし続ける。
毒状態は一定時間が経過するか、攻撃を受けることで解除される。
毒を受けている状態でAF開放しても攻撃を与えるまで毒状態は続く
ちなみに、毒状態で鋼のゲージ溜めをしてもモーションは発生するがゲージは増えない。
デシリュール(地/空)
 623+D後、任意のレバー方向
 421+D後、任意のレバー方向
※空中受け身が可能であればダウン状態でも使用可能
別の位置にワープする。
623で自分のいた位置を中心に、421で相手のいる位置を中心にワープする。
コマンド入力後、消えるまでの間にレバー入力を行うと、入力したレバー方向に
指定位置から一定距離ずれて出現する。
完全に消えるまで自身の当たり判定は残っているので、注意が必要。
受け身可能な状態なら受け身の変わりにデシリュールを出せる
この場合、通常とは異なり消えるまで無敵時間がつく
超必殺技
サクリフィス(地/−)
 236236+D
自分の目の前に落とし穴を作り出す。ガード不能だがダメージは低い。
発動後は攻撃を受けても効果が解除されない。
落とし穴に落ちた相手は真上から落下してくるが、
技の演出が完全に終わるまで自分も行動はできない。
発動後に攻撃を受けた時のみ、演出中でも行動が可能となる。
ミルワール(地/空)
 412364+D
相手と自分の位置を入れ替える。相手が地上ダウン状態の時は立ち状態になるため、
地上ダウン状態から起き上がる前に強制的に引き起こし、攻撃を再開することが可能。
但し、入れ替え後の行動可能になるタイミングは同じなので、
一方的に有利な状況を作れる訳ではない。
コンボを延長させるために使うのが主な用途だが
相手がAFを残している場合は注意が必要※
アンヴァリデ(地/空)
 632146+D
通常投げと同じ程度の範囲の狭いコマンド投げ。
発生はニトルムと同じで早いが、ダメージが2C一発と同程度しかなく
あとはゲージ1本余りを減少させる効果があるだけで見返りが少ない。
空中でも使用できるところが唯一の利点だろうか
アルカナフォース
アバトワール(地/空)
 ABC
全ての通常技に毒属性が付加され、通常技がヒットすると毒状態になる
アルカナブレイズ
エグゼキュスィオン(地/−)
 236+ABC
発生が少し遅い打撃技。ディウー・モールが自キャラの少し手前から手を伸ばし、
相手にヒットすると亜空間へ引きずり込む。
その後、ディウー・モールが鎌を振る時に両プレイヤー共にレバー上or下&入力なしの
いずれかで2択の選択を行い、選択が一致した時のみヒット――ダメージが与えられる。
ダメージ自体はアルマゲ並にデカイものの、如何せん決める機械の少ないABである

※:コンボにミルワールを組み込む場合の注意点|
相手がアルカナフォースを発動した瞬間にミルワールを使用すると、ミルワール終了後に
アルカナフォースが発動せず、アルカナフォースの使用権も消費されない。
この現象を利用し、コンボ中の空中ダウン状態に対してミルワールを使用する直前に
アルカナフォースを発動されるとダウン状態から復帰できることになり、結果として
コンボを中断されてしまう。
このため、ミルワールをコンボに組み込む場合は相手がアルカナフォースを残していない
ことがほぼ必須の条件となる。