用語集

(五十音順)


イマジナリーフレンド(IF)

イマジナリーコンパニオンと呼ばれる場合もある。
「想像上の友達」のことで、心理学や精神医学の分野にあるもの。
海外ではIFが広く認知されており子供のうちは持っている人が多いとも言われている。
人工精霊やタルパと異なり現実に投影されていない場合も含むそうである。
これも人工精霊、タルパと並んで非常に似通ったものと捉えられており、たまに話題にあがる。
人工精霊もタルパもIFも呼び方が異なるだけで全く同じだという人もいる。
タルパほどではないが、参考にされることがある。
→ 脳内友達まとめ


オート化

人工精霊がオートで話せるようになること。
人工精霊作成の一般的な目標。
この段階になると人工精霊との会話がルーチンとして自然に行えるようになり、
作成者が予測していないような言動も行うようになる。


可視化

人工精霊を視覚的に認識できるようになること。
あくまで人工精霊のイメージを瞬時に現実世界に描写できるというだけの技術なので
人工精霊の後ろにあるものが見えなくなったりはしない。
上級者になると、ふとしたときに視界の隅で勝手に何かしている、なんてことも可能になる。


人工精霊

訓練を積むことで自然な対話を可能にした脳内の架空人物のこと。
普通、妄想嫁などは返答を自分で考えてやらないと会話できないが
人工精霊にすると流暢かつこちらが予想していないような言動が可能になる。
虹嫁の延長だけでなくヒーリングや思考制御など用途は様々。
比較的、新しい概念なので定義が曖昧で未知の部分も多い。
同名の人工精霊魔術について調べに来た方は →よくある質問をご覧ください


タルパ

チベット密教にある人工精霊とよく似たメソッド。
発祥こそ違うが内容はかなり近い。全く同じという人もいる。
歴史は人工精霊より遥かに長く、研究も進んでいる。
タルパはタルパでまとめwikiやスレッドが存在するので参考にするとよい。
ただし、本スレがオカルト板にあることからも分かるようにブッ飛んだ住民が多い。
ある程度は覚悟してから臨むこと。
→ タルパまとめwiki


統合失調症(糖質)

精神疾患郡のひとつ。
詳細については結構ややこしいのでググれ。
症状のひとつに妄想・幻覚の発露があるため、
人工精霊について語る場で話題に上ることが多い。


依り代

人工精霊の物質的な器みたいなもの。
必須ではないが、あると妄想の助けになって人工精霊の完成が早まる。
基本的に何でもおkだが身につけられるものの方がいい。
スレではブレスレット・アクセサリ・ミサンガなどを使っている人がいた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。