ServerSignature


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サーバ情報の表示を変更する。
"ServerTokens" ディレクティブで設定された内容だけがサーバー情報として追加表示されます。
※ディレクティブ サーバアプリケーションの設定ファイル中に喜j通する命令キーワード。
余計な情報は表示しないようにして、第三者からの攻撃を防ぎます。
httpdの設定ファイルの設定変更をします。
設定ファイルは/etc/httpd/conf/httpd.confです。
ぐちゃぐちゃになって、戻らなくなると大変なので、まずはバックアップを取ります。

# cp /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf.org

.orgの方はバックアップなので、 /etc/httpd/conf/httpd.confを開きます。

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

使用しているのはCentOS5になるので、5の場合は524行目に

# ServerSignature On 

という記述があります。(デフォルト)

OnをOffに変更しましょう。
※vi起動時はコマンドモードなので、/正規表現 とかで検索すると飛びます。

escした後に:wqでセーブして終了。
念のため、.confの記述をチェックします。

# httpd -t

Syntax OKと表示されれば問題ありません。

記述を反映させるために再起動をします。

# /etc/init.d/httpd restart

で、再起動をし

# /etc/init.d/httpd reload

で、設定の再読み込みをします。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|