ファイル所有者の変更


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファイル所有者の変更


ファイルやディレクトリの所有者を変更するにはchownコマンドを。
グループを変更するにはchgrpコマンドを使用する。

所有者の変更


chown [オプション] ユーザー:グループ ファイル

オプション一覧
-c 所有者が変更されたファイルのみ詳細に表示します。
-f 所有者を変更できなかった場合にもエラーメッセージを表示しません。
-h シンボリックリンクを変更する場合、そのリンク自身の所有者を変更します。
デフォルトではリンク先のファイルの所有者が変更されます。
-v 経過を表示します。
-R ディレクトリとその中のファイルを再帰的に変更します。

こっちはユーザーとグループを同時に変更できます。
個人的には現場だとこっちのコマンドを良く使っています。


グループの変更


chgrp [オプション] グループ ファイル

オプション一覧
-c 所属グループが変更されたファイルのみ詳細に表示します。
-f 所属グループを変更できなかった場合にもエラーメッセージを表示しません。
-h シンボリックリンクを変更する場合、そのリンク自身の所属グループを変更します。
デフォルトではリンク先のファイルの所属グループが変更されます。
-v 経過を表示します。
-R ディレクトリとその中のファイルを再帰的に変更します。

 chgrp grp01 file2 file3
file2、file3の所属グループを「grp01」に変更する。
こういう使い方も可能。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|