case


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

case文はC言語やJAVA言語のswitch文に該当する制御文です。
if文と同じように処理を分岐するために使用されます。

  • 書式
case 変数名 in
 パターン1) 処理1 ;;
 パターン2) 処理2 ;;
 パターン3) 処理3 ;;
 ・・・
 パターンn) 処理n ;;
esac

以下のシェルスクリプトcasetestを実行します。
このシェルスクリプトは拡張子がtxt、doc、datのファイルはviで開き
それ以外のファイルはlessで表示します。
$cat casetest
#!/bin/sh
case $1 in
   *.txt | *.doc | *.dat) vi $1 ;;
   *) less $1 ;;
esac

hoge.txtは拡張子がtxtなのでviで表示します。
$./edit hoge.txt
hoge
hoge
~

linuxfileの拡張子はtxt、doc、datのいずれでもないのでlessで表示します。
$./edit linuxfile
turbolinux
redhatlinux
text (END)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|