LVM


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

LVM(論理ボリューム管理:Logical Volume Manager)は、
ディスクの管理をより柔軟に行うことができる機能です。
ディスクのパーティションを直接操作するのではなく、
仮想的なパーティションである論理ボリュームを動的に管理します。
パーティションをつかったディスク管理に比べて
以下の制約を回避できます。

・一度パーティションを作成すればサイズ変更ができない
・別のディスクにパーティションを移動させることができない
・ディスクのサイズを超える大きさのパーティションは作成できない

LVMのポイントは以下の通りです。
・1台のハードディスクや1つのパーティションを物理ボリューム(PV:Physical Volume)とする
・物理ボリュームは、一定サイズの物理エクステント(PE:Physical Extent)から構成される
・1つ以上の物理ボリュームからボリュームグループ(VG:Volume Group)が構成される
・ボリュームグループ内で、物理エクステントから論理ボリュームが高背される
・論理ボリュームは従来のパーティションと同様にブロックデバイスとして扱うことができる
・論理ボリュームのサイズを変更したり、他のディスク上へ移動したりすることができる
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|