mkfs


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファイルシステムを作成するには、mkfsコマンドを使います。

ファイルシステムの種類はOSによって異なります。
Linuxでは、ext3をはじめとする数十種類のファイルシステムを扱うことができます。
ルートファイルシステム(/ディレクトリが格納されるファイルシステム)としては、
ext3をデフォルトで採用しているディストリビューションが多いですが、
今後はext4の採用が増えるようです。

mkfs [-t ファイルシステム] デバイスファイル名

ファイルシステムの種類は-tオプションで指定します。
オプションを省略すると、ext2ファイルシステムが作成されます。

ext3ファイルシステムの作成
# mkfs -t ext3 /dev/sda5
上の例は、/dev/sda5にext3ファイルシステムを作成します。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|