マウントオプション


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


async    ファイルシステムに対する全ての入出力を非同期で行う

sync     ファイルシステムに対する全ての入出力を同期で行う

atime    ファイルシステムへのアクセスごとにinodeのアクセス時刻を更新する

noatime   inodeのアクセス時刻を更新しない(処理のスピードアップ)

auto     -aオプションでmountコマンドを実行したときにマウントする

noauto    -aオプションでmountコマンドを実行したときにマウントされない

defaults   デフォルトのオプション(async,auto,dev,exec,nouser,rw,suid)

dev      ファイルシステム上のデバイスファイルを利用できる

group     ユーザーのグループがデバイスファイルの所有グループと一致すればマウントを許可する

exec     バイナリの実行を許可する

noexec    バイナリの実行を禁止する

suid     SUID,SGIDビットを有効にする

nosuid    SUID,SGIDビットを無効にする

ro       読み出し専用でマウントする

rw      読み書きを許可してマウントする

uid=UID   全てのファイルの所有者を指定したUIDのユーザにする(FATなど)

gid=GID   全てのファイルの所有グループを指定したGIDのグループにする(FATなど)

user     一般ユーザーのマウントを許可し、マウントしたユーザのみがマウントできる

users    一般ユーザーのマウントを許可し、マウントしたユーザ以外のユーザーもマウントできる

nouser    一般ユーザーのマウントを禁止する

owner    デバイスファイルの所有者によるマウントを許可する

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|