パーティション管理


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パーティションの設定


パーティションを操作する為にはfdiskコマンドを使う。

fdiskコマンドはハード・ディスク領域を分割して
複数のパーティションを作成・編集できるコマンドになる。

ちなみにパーティションの操作を誤ると、
貴重なデータを喪失しかねないので注意。

fdiskコマンド

fdisk [オプション] [デバイス]

オプション

オプション 意味
-b デバイスのブロック・サイズを指定する
-C デバイスのシリンダ数を指定する
-H デバイスのヘッダ数を指定する
-S デバイスの1トラックあたりのセクター数を指定する
-l マウントされているデバイスのパーティション情報を表示する
-u -l オプションを利用する際,容量をシリンダ数単位で表示する
-s 指定したパーティションの容量を表示する。容量はブロック数

上記コマンドを実行すると、
fdiskのプロンプト「Command(m for help):」が表示される。
パーティションの操作はコマンドを利用しながら対話的に行うことになる。

コマンド一覧

a ブートの可否を切り替える
b BSD用パーティションのディスク・ラベルを編集する
c DOSコンパチブルの可否を切り替える
d パーティションを削除する
l 利用可能なパーティション・タイプを表示する
m 利用可能なコマンドを一覧する
n 新しいパーティションを作成する
o DOSパーティションを作成する
p パーティション情報を表示する
q パーティション情報を保存せずに終了する
s SUN用の新しいディスク・ラベルを作成する
t パーティション・タイプを変更する。初期値は"Linux native"(83)
u 容量の表示単位を切り替える
v パーティションを検査する
w パーティション情報を書き込んで,終了する
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|