etc > sysconfig > network-scriptsファイル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

様々なネットワークインターフェース(NIC)の設定ファイルが配置してあるディレクトリ。
ネットワークカード(NIC)が一枚であれば
  • etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
二枚であれば
  • etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
  • etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
三枚であれば
  • etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
  • etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
  • etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth2
という具合でNICの設定ファイルが配置されています。

ifcfg-eth0固定IPでの設定例:
# DEVICE=eth1               ①
# BOOTPROTO=static      ②
# BROADCAST=192.168.0.255    ③
# HWADDR=00:40:26:5C:79:59   ④
# IPADDR=192.16.0.100        ⑤
# NETMASK=255.255.255.0      ⑥
# NETWORK=192.168.0.0    ⑦
# ONBOOT=yes         ⑧
# TYPE=Ethernet       ⑨
①デバイスの指定
②固定IPアドレス又はDHCPの指定。(固定は"static"又は"none"。DHCPは"dhcp"と記述)
③ブロードキャストアドレスの指定
④MACアドレスの指定
⑤IPアドレスの指定
⑥サブネットマスクの指定
⑦ネットワークアドレスの指定
⑧起動時にネットワークデバイスを有効にするかどうかの指定("yes"は有効。"no"は無効)
⑨ネットワークのタイプを指定

ifcfg-eth0のDHCPでの設定例:
DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=dhcp
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|