カーネルmakeの主要ターゲット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


clean ~ .config以外の不要なファイルを削除する

mrproper ~ .configやバックアップファイルも含め不要なファイルを削除する。
        以前のカーネルコンフィギュレーションで生成されたすべてのファイルを削除して初期状態に戻す

※cleanとmrproperの違いは、cleanの場合はmrproperでは削除される
 現在のカーネルコンフィギュレーションファイル.configや
 ローダブルモジュールの生成に必要なファイルは削除しない。


dep ~ カーネルソースとヘッダファイルの依存関係をチェックするコマンド

distclean ~ mrproperで削除されるファイルに加えpatchが作成したファイルなども削除

defconfig ~ デフォルト値を設定した。.configを生成する。/arch/アーキテクチャ/defconfigをデフォルトとして.configを生成する

all ~ 全てのビルドを実地する。makeでターゲットを指定せず実行した時も同じ動きをする

modules ~ 動的なモジュールを全てビルドする

rpm ~ カーネルをビルド後にRPMパッケージを作成する

rpm-pkg ~ ソースRPMパッケージを作成する

binrpm-pkg ~ ビルド済みカーネルとモジュールのRPMパッケージを作成する

dep-pkg ~ ビルド済みカーネルとモジュールのDebianパッケージを作成する

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|