e2fsck


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ext2およびext3のファイルシステムのチェックと修復には、e2fsckコマンドが利用できる。

書式
e2fsck [オプション] デバイス名

e2fsckコマンドの主なオプション
オプション 説明
-p すべての不良ブロックを自動的に修復する
-y 問い合わせに対して自動的に「yes」と回答する
-R 問い合わせに対して自動的に「no」と回答する

ファイルシステムのチェック時に障害を検出した場合、その箇所を修復するかどうかを尋ねられる。
  • yオプションを指定しておけば、自動的に修復が実行される。
fsckコマンドはLinux起動時にも実行され、/etc/fstabでfsckの対象と指定されているファイルシステムをチェックする。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|