strings


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

stringsコマンドはファイルから表示可能な文字列を表示する。
ファイルはテキストファイル以外のファイル内容を判断するために利用され、デフォルトでは4文字以上の長さの文字列を表示する。
テキストファイル以外のファイルとは、バイナリファイルやデータファイルをさす。

書式
strings [オプション] ファイル名

オプション
オプション 説明
-f 行頭にファイル名を出力
-n 数値 指定した数値以上の長さを持つ文字列を表示。デフォルトは4
@ファイル名 stringsのオプションを記述したファイルを読み込む

$ strings /bin/ls
/lib/ld-linux.so.2
clock_gettime
・
・
・
%s, %s, and others.
xstrtoumax
Copyrigth %s Free Software Foundation, Inc.

上記はバイナリファイルの中から文字列を表示する。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|