top


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

topコマンドはCPU利用率の推移を表示する。
表示されるプロセスは、CPU利用率順に表示される。それぞれのプロセスのCPU利用率やメモリ利用量、実行時間も表示される。
topの起動中は対話的なコマンドも実行できる。対話的にはプロセスにシグナルを送って終了させたり、表示方法を変えられる。

書式
top [オプション] [パターン]

オプション
オプション 説明
d 時間 表示時間の間隔を秒単位で指定。デフォルトは3秒
p プロセスID 指定したプロセスIDのみを表示
i アイドル中に[ゾンビのプロセスを表示しない
n 回数 指定した回数分更新して終了

対話オプション
対話オプション 説明
k 「PID to kill:」が表示された場合はプロセスIDを入力。その後「Kill PID プロセスID with signal [l 15] :」が表示されるため、シグナル値を入力。指定しない場合は、15(SIGTERM)を指定したプロセスに送る
n 表示するプロセス数を指定
m メモリ情報を表示しない
l 付加平均にuptimeを表示しない
t プロセスとCPU状態を表示しない
c コマンド名にオプションなどを表示
P CPU利用率順に並べる
M メモリ利用量順に並べる

指定したプロセスのみを表示する
$ topu p 5379 p 3656
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|