bdiff


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

bdiffコマンド


【概要】

2つのファイルの差異を出力する。
diffコマンドと同様だが、このコマンドの主な目的は、
diffコマンドには大きすぎるファイルを処理できるようにすること。

【書式】

# bdiff file1 file2 [n] [-s]

【オプション】

n 分割の単位とする行数を指定します。デフォルトは3500行
-s bdiffが通常出力する診断メッセージを抑止する
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|