rm


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

rmコマンド


【概要】

指定されたファイルを削除する。
デフォルトではディレクトリの削除は行わない。

【書式】

rm [オプション] file

【オプション】

-d ディレクトリのリンクをはずします。管理者権限が必要です。
-f 存在しないファイルがあってもエラーを返しません。
-i ファイルを削除してよいかを確認します。
-r ディレクトリを再帰的に(中身ごと)削除します。
-v 経過を表示します。

【使用例】


rm -i file
fileファイルを削除する際に削除して良いか聞かれる。対話式。

rm -r dirfile
dirfileディレクトリとその中身(ファイル)ごと消す。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|