logger


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

loggerコマンドはsyslogにログを書き出す。テキストファイルの中身をそのままsyslogに書き出したり、
プライオリティを指定し、ログに書き出すことが可能
ログのプライオリティによって、/etc/syslog.confで書き出すログファイルが変わってくる。
プライオリティは「ファシリティ.重要度」から構成され、これらには次のような種類がある。

■ファシリティ
  • auth
  • authpriv
  • cron
  • daemon
  • ftp
  • kern
  • lpr
  • mail
  • news
  • syslog
  • user
  • uucp

■重要度
  • debug
  • info
  • notice
  • warning
  • err
  • crit
  • alert
  • emerge

メッセージを指定した場合、/var/log/syslog(Debian)か/var/log/messages(Red Hat/Fedora)にメッセージを出力する。
目セージを指定しない場合は、標準入力からの入力を待つ。

syslogに書き込む。
$ logger Hell
# tail /var/log/syslog

タグを指定してsyslogに書き込む
$ logger -t MYTAB hello
# tail /var/log/syslog

テキストをsyslogに書き込む
$ logger -f /tmp/logger.txt
# tail /var/log/syslog
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|