LVM(論理ボリューム管理)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

LVM(論理ボリューム管理:Logical Volume Manager)とは、ディスクの管理を柔軟にしやすくするための機能です。
ディスクのパーティションを直接操作せず、仮想的なパーティションである論理ボリュームを動的に管理します。
パーティションを使ったディスク管理に比べ下記の制約をクリアできます。

1、一度パーティションを作成すればサイズ変更ができない
2、別のディスクにパーティションを移動させることができない
3、ディスクのサイズを超える大きさのパーティションは作成できない


LVMの仕組み

  • 1台のハードディスクや1つのパーディションを物理ボリューム(PV:Physical Volume)とする
  • 物理ボリュームは、一定サイズの物理エクステント(PE:Physical Extent)から構成される
  • 1つ以上の物理ボリュームからボリュームグループ(VG:Volume Group)が構成される
  • ボリュームグループ内で、物理エクステントから論理ボリュームが構成される
  • 論理ボリュームは従来のパーティションと同様にブロックデバイスとして扱える
  • 論理ボリュームのサイズ変更したり、他のディスク上へ移動したりすることができる
  • 論理ボリュームは複数のディスクにまたがって作成することができる
  • ボリュームグループも後からサイズを変更することができる


LVMの作成

LVMを利用するには、最初に物理ボリュームを用意し、それを束ねてボリュームグループを作成し、
ボリュームグループから論理ボリュームを切り出します。
今回は、『 /dev/sda1 』と『 /dev/sdb1 』を使ってボリュームグループを作成し、
その中に論理ボリュームを作成する手順です。

LVM用パーティションの準備

LVMを作成するためのパーティションもしくはハードディスクを準備します。
パーティションを利用する場合は、パーティションのタイプを0「8e」に設定します。

#fdisk /dev/sda
#fdisk /dev/sdb

物理ボリュームの初期化

ボリュームグループの作成

論理ボリュームの作成

  • lvscan コマンドを実行すると、論理ボリュームの状態を簡潔に表示できます。



ファイルシステムの作成とマウント

ファイルシステムを作成してマウントします。
下記の例は、論理ボリュームにext3ファイルシステムを作成し、/mntにマウントしています。
# mke2fs -j /dev/aaavg/lvaaa
# mount /dev/aaavg/lvaaa /mnt
dfコマンドで確認してみます。
# df -T
Filesystem       Type  1K-blocks    Used%   Avilable  Mounted on
/dev/sda1        ext3  7155068   2239524  4552076    33%  /
none           tmpfs  63004         0   63004    0%  /dev/shm
/dev/mapper/aaavg-lvaaa ext3  495844        10544   459700    3%   /mnt
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|