scp


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

sshを利用してリモートホストへ経路を暗号化してファイルを転送する。
sshで利用される公開鍵暗号認証などが利用できる。

書式
scp [オプション] コピー元ファイル [[ユーザ名@]ホスト名:]コピー先ファイル名

オプション
オプション 説明
-C 圧縮して通信を行う
-F ファイル名 SSHクライアントの設定ファイルを指定
-i 秘密鍵 秘密鍵を指定
-P ポート 接続先のポート番号を指定。デフォルトは22番
-l 数値 数値kbiy/sの帯域制限を行う
-p 送信元ファイルのタイムスタンプを変更しないで転送
-q 送信状況を示すプログレスバーを表示しない
-r ディレクトリを再帰的に送る
-1 SSHバージョン1を利用
-2 SSHバージョン2を利用
-4 IPv4で接続
-6 IPv6で接続

SSHを利用してリモートホストにファイルをコピーする
$ scp linux-2.6.25.tar.bz2 test@192.168.11.6:/root/
Password:
Linx-2.6.25.tar.bz2                            16%  5888KB 607.2KB/s 00:49 ETA

ディレクトリを丸ごとタイムスタンプを変更せずに圧縮して送信する
$ scp -prC ./img/ test@192.168.11.6:/root/
Password:
test.jpg                                   100% 174KB 173.8KB/s 00:00
test2.jpg                                  100% 6558. 6.4KB/s 00:00
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|