dump


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファイルシステム単位ext2/ext3ファイルシステムをバックアップする。
バックアップからファイルを取り出すにはrestoreコマンドを使う。
dumpコマンドは、磁気テープにバックアップを取る用途に適している。
メディアの容量を超えた場合、自動的に複数のメディアに分けて処理する。

書式
dump オプション バックアップ対象

オプション
オプション 説明
0-9 dumpレベルを指定する
u /etc/dumpdatesにバックアップファイルを記録する
f デバイス名 バックアップ装置のデバイスを指定する

dumpコマンドでは、doumpレベルを指定することにより、増分バックアップに対応している。
例えば、レベル1のdump実施後に作成・更新されたファイルだけがバックアップされる。
レベル0が指定されると、ファイルシステム中の全てのファイルがバックアップされる。
dumpでバックアップを取ったファイルは、/etc/dumpdatesに記録される。

磁気テープドライブに/dev/sda2をバックアップする。
# dump 0uf /dev/nst0 /dev/sda2

磁気テープデバイスは、デバイスファイル名によって次のような違いがある。
  • /dev/st0・・・自動巻き戻しする
  • /dev/nst0・・・自動巻き戻しをしない
同じテープに続き手バックアップする場合は、/dev/nst0を使う。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|