sysctl


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

システム稼働中のカーネルパラメータは、/proc/sys以下にテキストファイルで残されるが、これらのパラメータを変更するために利用する。

カーネルパラメータは/proc/sys/以下に、net/ipv6/conf/default/accept_raのようなファイルで記述される。
指定する際は「/」を「.」に変更し、net.ipv6.conf.default.accept_raとしても通用する。

書式
sysctl [オプション]

オプション
オプション 説明
-e エラーを表示しない
-n 変数名 キーの名前は表示しないで値を表示
-N キーの名前だけ表示
-w 変数名=パラメータ カーネルパラメータを変更
-p ファイル名 パラメータリストを指定してパラメータを変更。デフォルトは/etc/sysctl.conf
-a 設定されたパラメータ全てを表示

設定されているパラメータを表示する
# sysctl -a
dev.scsi.logging_level = 0
dev.cdrom.check_media = 0

設定ファイルから読み込んだパラメータを表示する
# sysctl -p
net.ipv6.conf.all.accept_ra = 0
net.ipv6.conf.all.forwarding = 0

キーに設定されているパラメータを表示する
# sysctl net.ipv6.conf.eth1.accept_ra
net.ipv6.conf.eth1.accept_ra = 0
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|