cu


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

他のシステムを呼び出すためのコマンド。
以前はモデム接続などで利用されていたが、最近はルータにシリアルケーブルを接続して宗だする場合などに利用されている。
ディストリビューションによって、シリアルケーブルを操作できるグループが設定されており、
利用すユーザがそのグループに登録されていないと、利用できない場合がある。

書式
cu [オプション]

オプション
オプション 説明
-e 偶数パリティを利用
-o 奇数パリティを利用
-h ハーフデュプレックスモードを利用
-s 速度、-N 転送速度を指定(Nは数値を指定)
-l デバイスシリアルケーブルが繋がっているデバイスを指定

シリアルケーブル経由でルータにログインする
$ cu -l /dev/ttyS0
Connected.
Password:
Cisco >
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|