ブートローダ(LILO)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

LILO


【設定ファイル記述場所】

/etc/lilo.conf

【設定ファイル一覧】

  • プロンプトの待機時間(0.1 秒単位)
timeout
  • デフォルトでブートするイメージ
default
  • ブートローダのインストール場所
boot
  • マップファイル
map
  • ブートローダのファイル
install
  • カーネルイメージ
image
  • ブートイメージのラベル
label
  • 初期RAMディスク指定
initrd
  • ファイルを読み取り専用で実行
read-only
  • ルートファイルシステムのデバイス名
root

【設定内容を反映させる】

/sbin/lilo

【オプション】

インストール状態の表示

  • 設定ファイルを指定
-C <設定ファイル>
  • 別のマップファイルを指定
-m <マップファイル>
  • 多くの情報を表示
-v ...
  • 現在のマップファイルの内容を表示
-q

マップの作成、更新

  • ブートデバイスを指定
-b <ブートデバイス>
  • マップファイルの圧縮を有効にする
-c
  • テストのみ実行
※-vと合わせて使用することで、LILOが正しい値を使用するか確認可能
-t

デフォルトコマンドラインの変更

  • 次回再起動時デフォルトコマンドラインとして使用
-R パラメータ

アンインストール

  • LILOのアンインストール
-u
  • セクションの最後の方で説明する警告が適用される
-U
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|