RAID0(ストライピング)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

複数のディスクにデータを分散して書き込み、1台のディスクのように扱います。
RAIDアレイを構成するディスクのうち1台でもクラッシュしてしまった場合、
全てのデータが消失する可能性があるので、冗長性を必要としている場合は向いていません。
長所は、読み書きのパフォーマンスが高く、ディスク容量をフルで利用できます。
100GBのディスクを3台利用してRAID0を実現する場合、利用できるディスク容量は300GBです。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|