vi


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

viとは、ほぼ全てのUNIX系OSで使うことができるテキストエディタのことです。
rootユーザになって各種設定ファイルの編集などに使用します。
viの起動方法は以下の通りです。
# vi
ファイルを編集するときは
# vi ファイル名
というようにします。

viを起動したときは、デフォルトで「 コマンドモード 」になっています。
カーソルの移動はコマンドモードで行います。

カーソルの移動は矢印キーでも行えますが
h、j、k、l のキーを主に使います。

    k
   ↑
h ←  → l
   ↓
    j

  • 0(ゼロ)…行の先頭へ移動
  • $…行の最後尾へ移動
  • ^ …行の先頭が空白だった場合、その次の先頭の文字へ移動する

行の先頭で上下に移動する際にj、k以外でも
+、-で移動できます。

  • + …行の先頭に移動して次の行に移動する
  • - …行の先頭に移動して前の行に移動する


文字を入力する際は、「 インサートモード 」でないと入力できません。
インサートモードになるためには、以下のキーを入力します。
コマンドモードに戻るには「 Escキー 」を押します

  • i … カーソルの置いてある場所から入力できる
  • a … カーソルの置いてある場所の後から入力できる
  • I … カーソルの置いてある行の先頭から入力できる
  • A … カーソルの置いてある行の最後尾から入力できる
  • o … カーソルの置いてある行の下に新しい行を追加して入力できる
  • O … カーソルの置いてある行の上に新しい行を追加して入力できる


下記に書かれているのはコマンドモードでテキストを編集するときに使います。

  • x … カーソルの置いてある文字を削除する
  • X … カーソルの置いてある前の文字を削除する
  • dd … カーソルの置いてある行を削除する
  • u … 最後におこなった作業を取り消す


編集した内容の保存やviを終了する場合は「exモード」で行います。
exモードになるためには、コマンドモードで「 : (コロン)」を
一番最初に入力します。

  • w … 保存する
  • q … 終了する
  • wq … 保存して終了する
  • wq! … 強制的に保存して終了する




単語単位でのカーソル移動(コマンドモードで行います)

w/W … 次の単語の先頭文字に移動する
b/B … 前の単語の先頭文字に移動する
e/E … 現在の単語の最後の文字に移動する

大文字と小文字の違いは記号および句読点を単語として
扱うかにより違います。大文字ではこれらの『記号』を無視して移動します。

表示されている端末ツールの縦幅に合わせた表示行の移動ができます。

H … 表示されている一番上の行の先頭に移動する
M … 表示されている中央の行の先頭に移動する
L … 表示されている一番下の行の先頭に移動する


以下のコマンドは、テキストを編集する時によく使われます。(コマンドモードで行います)

r … カーソルの置いてある文字を入れ換えます
dw … カーソルの置いてある単語を削除します
D … カーソルの置いてある文字から行末までを削除します
yw … 単語単位のコピーを行います
yy … 行単位でのコピーを行います
p … コピーしたものをカーソルの後に挿入します
P … コピーしたものをカーソルの前に挿入します
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|