管理業務


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1. ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルを管理する

  • 重要度 : 5

  • 説 明 : ユーザアカウントを追加、削除、一時停止、変更する。

  • 主要な知識範囲
   ユーザおよびグループを追加、変更、削除する
   パスワード/グループデータベースにあるユーザ/グループ情報を管理する
   特別な目的を持つ制限付きのアカウントの作成と管理


  • 重要なファイル、用語、ユーティリティ
   /etc/passwd
   /etc/shadow
   /etc/group
   /etc/skel
   chage
   groupadd
   groupdel
   groupmod
   passwd
   useradd
   userdel
   usermod




2. ジョブスケジューリングによるシステム管理業務の自動化

  • 重要度 : 4

  • 説 明 : cronまたはanacronを使用して定期的にジョブを実行したり、atを使用して指定時刻にジョブを実行する。

  • 主要な知識範囲
   cronおよびatでジョブを管理する
   ユーザがcronおよびatサービスにアクセスできるよう設定する

  • 重要なファイル、用語、ユーティリティ
   /etc/cron.{d,daily,hourly,monthly,weekly}
   /etc/at.deny
   /etc/at.allow
   /etc/crontab
   /etc/cron.allow
   /etc/cron.deny
   /var/spool/cron/*
   crontab
   at
   atq
   atrm



3. ローカライゼーションと国際化

  • 重要度 : 3

  • 説 明 : システムを英語以外の言語にローカライズする。スクリプトでLANG=Cが役立つ理由についても理解する。

  • 主要な知識範囲
   ロケール設定
   タイムゾーン設定

  • 重要なファイル、用語、ユーティリティ
   /etc/timezone
   /etc/localtime
   /usr/share/zoneinfo
   環境変数
         o LC_*
         o LC_ALL
         o LANG
   /usr/bin/locale
   tzselect
   tzconfig
   date
   iconv
   UTF-8
   ISO-8859
   ASCII
   Unicode
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|